スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライトノベル新刊評価 10月

10月のライトノベル新刊評価です。

傑作
生ポアニキ(オーバーラップ文庫) +7
アルジャン・カレール(ファミ通文庫) +6


良作
CtG(角川スニーカー文庫)
やっぱチョロインでしょ(角川スニーカー文庫)
天久鷹央の推理カルテ(新潮文庫nex)
消えない夏に僕らはいる(新潮文庫nex)
GE(ガガガ文庫)
今すぐ辞めたいアルスマギカ(富士見ファンタジア文庫)
魔剣戦争(オーバーラップ文庫)


凡作
幻惑のディバインドール(電撃文庫)
オレと彼女の萌えよペン(富士見ファンタジア文庫)
軍オタが魔法世界に転生したら、現代武器で軍隊ハーレムを作っちゃいました!?(富士見ファンタジア文庫)
聖樹の国の禁呪使い(オーバーラップ文庫)


駄作
甘城ブリリアントパーク メープルサモナー(富士見ファンタジア文庫)


アサウラ、野村美月と安定のベテランが傑作評価。
もうこの辺りは名前で買えばまず外れは引かないでしょうね。
その他に気になったところは富士見ファンタジアの相変わらずの暗黒ぶり。
良作ひとつ出しているがそれ以外がまるで駄目。
あらすじ読んだ限りでは全滅っぽかっただけにまだマシと思ってしまうのがすでに駄目。
スポンサーサイト

ライトノベル新刊評価 9月

9月のライトノベル新刊評価です。

傑作
新米社長のパーフェクト・ゲーム(HJ文庫) +5


良作
ワールドウォーカーズ・クロニクル(HJ文庫)
いなくなれ、群青(新潮文庫nex)
知らない映画のサントラを聴く(新潮文庫nex)
ガーリー・エアフォース(電撃文庫)
異世界管理人・久藤幸太郎(電撃文庫)
ハコニワフールズ(電撃文庫)
レターズ/ヴァニシング(電撃文庫)
GランDKとダーティ・フェスタ(ガガガ文庫)


凡作
魔界に召喚れて家庭教師!?(電撃文庫)
バベロニカ・トライアル(電撃文庫)


駄作
なし


新レーベルの新潮文庫nexはまずまずの滑り出し。
まあ新レーベルご祝儀とは思うが、これからどうやって読者数を安定させるかがカギとなるだろう。
この月は電撃文庫も新作が9、うち良作4、凡作2。
それ以外のレーベルも出しに出して、自分がチェックしているレーベルだけで実に50もの新作が出る戦国月。
こうなるとやはり電撃以外のレーベルは評価数そのものが集まらないため、弱小レーベルでは評価なしばかりになってしまう。
最近は調査対象にするレビュアーさんの数を意識的に増やしてるんだけどねえ…。
その中でも頑張ったのはHJ文庫。作者名見た限りでは微妙かなと思ったがこれは定着するかも。

ライトノベル新刊評価 8月

8月のライトノベル新刊評価です。

傑作
モーテ(MF文庫J) +7
モブ恋(電撃文庫) +6


良作
異界の軍師の救国奇譚(角川スニーカー文庫)
モンストラクター(電撃文庫)
世紀末救世主伝説 -魔王- (一迅社文庫)
クインテット・ファンタズム(富士見ファンタジア文庫)
武に身を捧げて百と余年。エルフでやり直す武者修行(富士見ファンタジア文庫)
Occultic;Nine(オーバーラップ文庫)


凡作
星撃の蒼い魔剣(講談社ラノベ文庫)
まのわ(このライトノベルがすごい!文庫)
軽口紳士と、カミサマかもしれない猫(一迅社文庫)


駄作
カナエの恋(電撃文庫) -5
死線世界の追放者(富士見ファンタジア文庫) -4


久々にMFに傑作が出ました。
しかも新人からというのは大きいと思います。
それ以外のリストに載ってる作品はおおむね予想できる妥当な範囲に収まったと思います。
志村一矢、哀川譲、松山剛と地味に評価されているベテランの名前がずらり。
ただ予想外だったのが「アオイハルノスベテ」がこの一覧に入ってこなかったのと、「カナエの恋」がマイナス評価だらけだったところか。
ベテラン作家でも品質の悪い作品を送り出せば厳しく評価がつくといういい例でしょうか。

ライトノベル新刊評価 7月

7月のライトノベル新刊評価です。

傑作
ロクでなし魔術講師と禁忌教典(富士見ファンタジア文庫) +10

良作
スチームヘヴン・フリークス(ガガガ文庫)
パンツではじまる世界革命(一迅社文庫)
世界の終わりの世界録(MF文庫J)
超潜航学園デルファータ(スーパーダッシュ文庫)
あじさいの季節に僕らは感応する(ファミ通文庫)

凡作
エンド・リ・エンド(角川スニーカー文庫)
オレ英雄伝説(角川スニーカー文庫)
ウィークエンド・ドラゴン(講談社ラノベ文庫)
電子魔法使いのクロニカ。(電撃文庫)
蒼天のレジェンズ(電撃文庫)
クレイジーハットは盗まない(ガガガ文庫)
女の子に夢を見てはいけません!(富士見ファンタジア文庫)
雀(スーパーダッシュ文庫)

駄作
なし

一迅社のラッシュをはじめこの月は新作が40以上。
激戦区の時は評価が散り散りになる傾向があるのか、それとも作品のクオリティ自体がどんぐりのせい比べとなってしまうのかわからないが、評価がつきにくい。
一迅社の新作ラッシュもおおかたマイナス評価がつくと思ったがそれ以前に読者数が圧倒的に少なすぎてほとんどがサンプルの確保にすら困る事態に。
そんな中非常に目立ったのがロクでなし~の好評ぶり。
1か月で+10の評価がつくのは初めて。
自分もこの作品を評判のよさで購入して実際に面白かったのだが、評判が評判を呼ぶいいスパイラルを巻き起こしていた。
しかもベテラン作家ではなく新人作家というところにレーベルに対する期待がにわかに湧いてくる。
個人的な反省点は凡作リストに入ってる中のいくつかに事前チェックで×を打てなかったこと。
直感では×を打っていたのに、ちょっと×を打ちすぎたから▽にするかと変えた作品がことごとく評判が悪かった。

ライトノベル新刊評価 6月

6月のライトノベル新刊評価です。

傑作
この恋と、その未来(ファミ通文庫) +7
東池袋ストレイキャッツ(電撃文庫) +6


良作
神話殺しの虚幻騎士(角川スニーカー文庫)
給食争奪戦(電撃文庫)
視ル視ルうちに好きになる(電撃文庫)
赫竜王の盟約騎士(一迅社文庫)
国家魔導最終兵器少女アーク・ロウ(富士見ファンタジア文庫)
焦焔の街の英雄少女(MF文庫J)
神楽坂G7(スーパーダッシュ文庫)
陸と千星(ファミ通文庫)


凡作
神様ライフ(角川スニーカー文庫)
共鳴無敵の落ちこぼれ(講談社ラノベ文庫)
ユート(このライトノベルがすごい!文庫)
聖煉の剣姫と堕ちた竜の帝国(一迅社文庫)
異世界無双の戦術竜騎士(富士見ファンタジア文庫)
聖剣と邪刀の叛逆者(MF文庫J)


駄作
修理屋さん家の破壊神(富士見ファンタジア文庫) -4


久々に傑作が2つ出た6月。
どちらも固定層をがっちり持っているベテラン作家の新作。
森橋ビンゴのほうはあらすじからも良作臭が漂っていました。
杉井光のほうはよくわからん。
5月に出した新作が傑作だった野村美月は読書数は多いのだが評価が思ったより伸びず良作止まり。
とりあえず6月の反省は修理屋さん家の破壊神に対しての事前チェックで最初は×評価を付けていたのに日和って▽にしてしまったところ。
この作者は結局ダメなんだよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。