スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆるゆり 11 感想

特装版 ゆるゆり 11/なもり

特装版 ゆるゆり 11/なもり


IDコミックスより「ゆるゆり 11」の感想です。

基本情報
ゆるゆり
作者 なもり
ジャンル 学園、日常、部活モノ
既刊11巻続刊


あらすじ
ちょっとだけ何かが変わったような、それでいて変わらない毎日。
誕生から5年、そして節目の11巻ということで気持ちも新たに参りますよ~♪


感想
ゆるゆる日常百合漫画の11巻。
以前、大室家をレビューしたが、実は本編を購入するのは初めて。
アニメからの移住組なので面白いかどうか疑問だったが杞憂だった。
キャラが可愛いから面白い、面白いからキャラがかわいい。
この無限ループ。さすがは覇権をとったコンテンツ。
あかりがいい感じに不憫で笑えるけど悲しくなってくる。
でもかわいい。


評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10

.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆ 7
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10
スポンサーサイト

テーマ : マンガ - ジャンル : 本・雑誌

生徒会のヒメゴト 3 感想

生徒会のヒメゴト 3/みなづき忍

生徒会のヒメゴト 3/みなづき忍


メテオコミックスより「生徒会のヒメゴト 3」の感想です。

基本情報
生徒会のヒメゴト
作者 みなづき忍
ジャンル 学園、部活モノ、日常
既刊3巻完結


あらすじ
女の子大好きな生徒会長・長谷部麗夢(はせべ れむ)をはじめとする生徒会執行部は、学園祭の準備で大忙し。
そして学園祭が終われば生徒会の任期もいよいよ満了となり……。
生徒会青春のグラフィティ、クライマックスの第3巻です。


感想
美少女趣味の生徒会長に振り回される部活モノ日常コメディ。
1巻の時点では微妙と評した作品だったが、2巻以降キャラの掘り下げができてからはそれなりに面白くなった。
1巻の感想で書いたとおり、2巻以降も理子が出てくる回は面白かった。
とにかく他の女の子にジェラってる理子のふくれ顔がいい。
加えて2巻以降ではこがねがいいツッコミ役となっていたのもよかった。
理子とこがねの二人が絡んだほのぼのとした雰囲気もよく、この作品はボケ役よりもツッコミ役のほうが輝いていた。
対照的に会長は個人的にそこまで好みのタイプではなかったかなあ。
あと、2巻以降頻繁に登場する旧生徒会メンバーも、掘り下げが全然できてないので思い入れがなく、面白いと思ったネタはなかった。
作品全体を通してみればまあまあな出来だったなという印象。


評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8

テーマ : マンガ - ジャンル : 本・雑誌

かんぱち 6 感想

かんぱち 6/結城心一/武梨/り

かんぱち 6/結城心一/武梨/り


一迅社コミックREXより「かんぱち 6」の感想です。

かんぱち
作者 結城心一
ジャンル パロディ、ギャグコメディ
既刊6巻続刊


あらすじ


感想
かんなぎのパロディ漫画の6巻。
いきなりパチが犬の着ぐるみを着たシーンは可愛かった(小並感)
相変わらずのパロネタ量で、つぐみが量産型パチをローゼンメイデンの真紅コスにしたり、やっぱりパロネタでは笑ってしまう。
あと謎のミョウガ推しも健在で、夏祭りの話でもさりげなく焼きミョウガの屋台が出てたりと、抜かりがない。
ただね、それ以外のネタは正直あまりインパクトないというか、顔がゆるむようなネタは少なかったかな。
5巻ふろくのゆるぱちが最高の出来だっただけに、またオリジナルネタに戻るといかんせんパワー不足を感じる。
あと、この作品はなんだかんだいってもパチが出てこないと話にならないので、いかにパチを面白おかしく変形(?)させるか、それがない話はネタとして弱いなあと感じてしまった。
イラストはハイクオリティを維持しているだけに、ネタのほうも頑張ってほしい。


評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.5

.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5

テーマ : マンガ - ジャンル : 本・雑誌

IS シュガー&ハニー 感想

IS〈インフィニット・ストラトス〉 シュガー&ハニー 1 (OVERLAP COMICS)/ひつじたかこ/著 弓弦イズル/原作(コミックス)

IS〈インフィニット・ストラトス〉 シュガー&ハニー 1 (OVERLAP COMICS)/ひつじたかこ/著 弓弦イズル/原作(コミックス)


オーバーラップコミックスより「IS シュガー&ハニー」の感想です。

基本情報
IS シュガー&ハニー
原作 弓弦イズル
イラスト ひつじたかこ
ジャンル ラブコメ
既刊1巻


あらすじ
IS<インフィニット・ストラトス>のスピンオフコミックが登場!
シャルをヒロインに展開する、ハートフルであま~いラブコメディ。
一夏をめぐって、ヒロイン全員でのカフェでの騒動、シャルとラウラのパジャマパーティ、シャルとセシリアのご奉仕対決、シャルと鈴のやきもちバトルなど、盛りだくさんのストーリーを収録!


感想
ISがスピンオフになって帰ってきた!
アニメ化もされたライトノベル「IS(☆9)」の登場ヒロインの一人であるシャルロット・デュノアと主人公のイチャラブを描いた作品。
冒頭は原作2巻のシャルロット女バレから始まるが、あとはひたすら二人がラブラブしてるだけ。
箒もセシリアもみーんな添え物にすぎないんです。
そのコンセプトはよしとして、この作品が好きになれるかどうかはもちろん、シャルロットというキャラクターが好きかどうか。
本当にそれ以上でも以下でもない。
まあ、ISはキャラクター力だけはずば抜けているので、そこは問題ないだろう。
シャルロット以外のキャラクターの画力にばらつきがあるのが少々気になるところではある。


評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8

テーマ : マンガ - ジャンル : 本・雑誌

あまゆる 感想

あまゆる。 1

あまゆる。 1


まんがタイムKRコミックスより「あまゆる」の感想です。

基本情報
あまゆる
作者 マウンテンプクイチ
ジャンル 4コマ、学園、日常
既刊1巻続刊


あらすじ
"とある郊外(福岡県周辺)の女子寮で暮らす高校一年生、ハル、アヤ、ユウ、マオの4人。
都市部、農村、それぞれ違う環境で育った少女達が織りなす、ゆったりとした毎日。
新鋭・マウンテンプクイチが贈る、 「女の子達の、女の子達による、女の子達のための」スローライフ?4コマ、登場です!!!"


感想
田舎の高校で繰り広げられるほんわか日常系作品。
アニメとかも基本的に日常系しか見ない自分なのでこういうジャンルは大好き。
このジャンルはとにかくキャラクターがよければあとはどうにでもなるのですが、この作品のキャラもいい感じのゆるさが出ていてよかった。
特にキルミーベイベーのやすなみたいな若干のうざさが入ったハルが個人的にツボ。
金髪ツインテールのほうも悪くはないんだけどね。
友達以上百合未満の雰囲気が漂う、過度に百合に走らないいい作品でもある。
苦言を呈するなら、田舎ネタがそれほど活かされてないかなあという印象がみられる。
これ以上の田舎に住んでたことがあるので若干その辺りのインパクトは薄い。
環境設定を活かせればネタの引き出しももっと増えるだろう。
キャラデザはよく、最近のまんがタイム系のアニメ化の流れを見れば、もしかしたらアニメ化を狙えるかもしれない。


評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆★ 7.5
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8

テーマ : マンガ - ジャンル : 本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。