スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お願いだから、あと五分! 3 感想

お願いだから、あと五分! 3/境京亮

お願いだから、あと五分! 3/境京亮


MF文庫Jより「お願いだから、あと五分! 3」の感想です。

基本情報
お願いだから、あと五分!
作者 境京亮
イラスト きみしま青
ジャンル 異能、学園、ドタバタラブコメ
既刊3巻完結


あらすじ
コトハとの出会いで一変した俺の日常。
だが、コトハの安眠枕になる日々にも随分慣れた。
ギクシャクしていた蓬子と悠里さんの関係もケンカする程仲良くなったし、コトハの方は、羽島の宣伝のために嫌々ウェディングドレスを着せられたりしている。
そんな騒々しくも微笑ましい日々の中、俺は十年ぶりに幼馴染みの睡蓮寺永遠と再会する。
彼女は売り出し中のアーティスト "蓮" として、CDデビューを果たしていた。
裏切ってしまった初恋の相手との再会に俺は気が気じゃない。ところが彼女はそのことを覚えていないようで……。
過去と未来の想いが交錯する、安眠系ラブコメ第三弾!


感想
眠ると未来予知ができるヒロインに巻き込まれた主人公の異能バトルコメディの3巻。
このシリーズは2巻で切る予定だったけど、他に読む本もなかったし、完結なので買ってみることに。
だけどやっぱり平凡ラインから抜け出せてないんだよなあ。
最終巻でも「そんな人物いたっけ?」レベルのキャラがどんどん出てくるし、場面転換が唐突なところが多くて、なにか切り貼りをしているように見える。
バトルシーンも緊迫感がないんだよなあ。
未来が見えるというのなら、未来にすっごく悪い要素を置いてそれを全力で回避するみたいな形にすればいいのに、その未来の様子が読者に伝わってこない(コトハの脳内でしか映し出されておらず、主人公に指示を出しているだけ)ので、未来視設定がほとんど死んでいるようなもの。
かといってラブコメ方面も、ラスボスの幼馴染が出てきたわけだが、どうして主人公が幼馴染を振ってコトハを選んだのか、それまでの描写が足りないからいまいち腑に落ちない。
最終的には、キャラは可愛いけどそれ以上の何かが足りておらず、凡程度の評価に収まってしまった。
イラストは素晴らしいの一言。


評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.5
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆★ 7.5
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆★ 7.5
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

2月の新刊 上

2月上半期の新刊情報です。

New!は新シリーズ
☆は購入確定
○は購入検討


HJ文庫 1日発売
百花繚乱 16巻
黒き英雄の一撃無双 2巻
百錬の覇王と誓約の戦乙女 3巻 ☆
New! 6度目の世界 × ○
New! 魔法剣士のエクストラ ▽


角川スニーカー文庫 1日発売
俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 7巻
新装版 ロードス島戦記 6巻
聖剣の姫と神盟騎士団 4巻
ムシウタ 14巻
New! いなり、こんこん、恋いろは -
New! 艦隊これくしょん -
New! 魔装学園H×H ×
New! 宮河家の空腹 -


講談社ラノベ文庫 3日発売
生徒会探偵キリカ 5巻
終わりのセラフ 3巻
七曲ナナミの斜めな事情 2巻
New! ヴォーテクス学園戦記 ×


ぽにきゃんBOOKS 3日発売
ワルキューレロマンツェ 3巻
New! 葵小僧Knight ▽
New! アヴァロン42 ×
New! 帰ってきた元勇者 ▽


このライトノベルがすごい!文庫
なし


電撃文庫 10日発売
アクセル・ワールド 16巻
境界線上のホライゾン 7巻上巻
マグダラで眠れ 5巻
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? 3巻
ウィザーズ・ブレイン 8巻
OP-TICKET GAME 2巻
滅葬のエルフリーデ 2巻
放課後の魔法戦争 3巻
きわめて忍極 3巻
New! ゼロから始める魔法の書 ▽
New! 韻が織り成す召喚魔法 ×
New! 思春期ボーイズ×ガールズ戦争 ▽
New! 王手桂香取り! ×
New! 水木しげ子さんと結ばれました ▽


GA文庫 15日発売
俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 7巻 ☆
装甲少女はお好きですか? 3巻
深山さんちのベルテイン 3巻
聖剣使いの禁呪詠唱 7巻


購入確定は百錬の覇王、俺修羅の2冊。
最近、本を読む時間がないので新刊には手を出せないかもしれない。

2月上半期の注目作
思春期ボーイズ×ガールズ戦争(電撃文庫)

今月は電撃の新人が大量投入の月。あえて1冊選ぶとしたらこれかな。
男どもがたくさん出る作品は掛け合いに注目したい。

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

IS シュガー&ハニー 感想

IS〈インフィニット・ストラトス〉 シュガー&ハニー 1 (OVERLAP COMICS)/ひつじたかこ/著 弓弦イズル/原作(コミックス)

IS〈インフィニット・ストラトス〉 シュガー&ハニー 1 (OVERLAP COMICS)/ひつじたかこ/著 弓弦イズル/原作(コミックス)


オーバーラップコミックスより「IS シュガー&ハニー」の感想です。

基本情報
IS シュガー&ハニー
原作 弓弦イズル
イラスト ひつじたかこ
ジャンル ラブコメ
既刊1巻


あらすじ
IS<インフィニット・ストラトス>のスピンオフコミックが登場!
シャルをヒロインに展開する、ハートフルであま~いラブコメディ。
一夏をめぐって、ヒロイン全員でのカフェでの騒動、シャルとラウラのパジャマパーティ、シャルとセシリアのご奉仕対決、シャルと鈴のやきもちバトルなど、盛りだくさんのストーリーを収録!


感想
ISがスピンオフになって帰ってきた!
アニメ化もされたライトノベル「IS(☆9)」の登場ヒロインの一人であるシャルロット・デュノアと主人公のイチャラブを描いた作品。
冒頭は原作2巻のシャルロット女バレから始まるが、あとはひたすら二人がラブラブしてるだけ。
箒もセシリアもみーんな添え物にすぎないんです。
そのコンセプトはよしとして、この作品が好きになれるかどうかはもちろん、シャルロットというキャラクターが好きかどうか。
本当にそれ以上でも以下でもない。
まあ、ISはキャラクター力だけはずば抜けているので、そこは問題ないだろう。
シャルロット以外のキャラクターの画力にばらつきがあるのが少々気になるところではある。


評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8

テーマ : マンガ - ジャンル : 本・雑誌

あまゆる 感想

あまゆる。 1

あまゆる。 1


まんがタイムKRコミックスより「あまゆる」の感想です。

基本情報
あまゆる
作者 マウンテンプクイチ
ジャンル 4コマ、学園、日常
既刊1巻続刊


あらすじ
"とある郊外(福岡県周辺)の女子寮で暮らす高校一年生、ハル、アヤ、ユウ、マオの4人。
都市部、農村、それぞれ違う環境で育った少女達が織りなす、ゆったりとした毎日。
新鋭・マウンテンプクイチが贈る、 「女の子達の、女の子達による、女の子達のための」スローライフ?4コマ、登場です!!!"


感想
田舎の高校で繰り広げられるほんわか日常系作品。
アニメとかも基本的に日常系しか見ない自分なのでこういうジャンルは大好き。
このジャンルはとにかくキャラクターがよければあとはどうにでもなるのですが、この作品のキャラもいい感じのゆるさが出ていてよかった。
特にキルミーベイベーのやすなみたいな若干のうざさが入ったハルが個人的にツボ。
金髪ツインテールのほうも悪くはないんだけどね。
友達以上百合未満の雰囲気が漂う、過度に百合に走らないいい作品でもある。
苦言を呈するなら、田舎ネタがそれほど活かされてないかなあという印象がみられる。
これ以上の田舎に住んでたことがあるので若干その辺りのインパクトは薄い。
環境設定を活かせればネタの引き出しももっと増えるだろう。
キャラデザはよく、最近のまんがタイム系のアニメ化の流れを見れば、もしかしたらアニメ化を狙えるかもしれない。


評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆★ 7.5
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8

テーマ : マンガ - ジャンル : 本・雑誌

渡る世間はバカばかり 感想

渡る世間はバカばかり 1/丸美甘

渡る世間はバカばかり 1/丸美甘


ガンガンコミックスJOKERより「渡る世間はバカばかり」の感想です。

基本情報
渡る世間はバカばかり
作者 丸美甘
ジャンル 学園、ドタバタラブコメ
既刊1巻続刊


あらすじ
バカと天才は紙一重といいますが…。

「生徒会のヲタのしみ。」の丸美甘の新作!
「勉強バカ」・「運動バカ」・「マジバカ!?」な女の子達と自称優等生の主人公・渡部がおくる、バカと天才は紙一重な学園ラブコメ!!


感想
「生徒会のヲタのしみ。(☆10+)」の丸美甘先生の新シリーズ。
今回は設定からオタネタは封印されているが、ノリは完全に前作と同じ。
主人公が秀、ヒロインが勉強バカな会長、バカな夏目さん、運動バカな康になったような雰囲気。
基本みんなバカなドタバタ系なのに、突然シュールな雰囲気を醸し出すのもこの作者の特徴かな。
あと、頭身が下がったときのキャラが可愛い(小並感)
生徒会のヲタのしみで爆笑できた人ならまず読んで損しない1冊。
2巻で完結することが予告されちゃってるのが寂しい。


評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5

テーマ : マンガ - ジャンル : 本・雑誌

冴えない彼女の育てかた 5 感想

冴えない彼女(ヒロイン)の育てかた 5 (富士見ファンタジア文庫)/丸戸史明/著(文庫)

冴えない彼女(ヒロイン)の育てかた 5 (富士見ファンタジア文庫)/丸戸史明/著(文庫)


富士見ファンタジア文庫より「冴えない彼女の育てかた 5」の感想です。

基本情報
冴えない彼女の育てかた
作者 丸戸史明
イラスト 深崎暮人
ジャンル 学園、ラブコメ、部活モノ
既刊5巻続刊


あらすじ
「後はあたしたちに任せてラノベ新作の方に全力投球してくださいな さよなら霞ヶ丘詩羽…永遠にね」
「その言い方、厄介払い感満々ね澤村さん」

…ということで、ついに詩羽先輩渾身のシナリオが完成!
そのお祝いとして、先輩とショッピングに出かけた俺(と後をつける二人)だったが、そこで彼女からとんでもない選択を突きつけられることになり―。
しかも、元・親友にして現・宿敵の伊織から、思わぬカタチでの宣戦布告が飛び込んでくる!
慌てる俺たちの前に姿を見せたのは、伊織と、そして…!?


感想
オタクな主人公が冴えない女の子をヒロインとしたギャルゲーを制作する学園ラブコメの5巻。
このシリーズって、いつも読み始める時になかなかエンジンがかからないんですよね。
この記事もそうなんだけど、新刊が発売されてから読了までにかなり時間がかかってる。
なんだけど、一度エンジンがつくと一気に丸戸ワールドに吸い込まれるというか、すごく熱中する。
不思議なパワーが確実に存在している。

今回の内容はコミケも迫った11月、いよいよギャルゲー制作も山場を迎え、シナリオの完成を目指す主人公たち。
最強の小説家と最強の絵師を抱える主人公たちのサークルだが、ライバル(?)に忠告される。
なんのことだか分らなかった主人公だが、テキストを組んでゲームにしたとき、最強の小説家の弱点が明らかになる…。

ということで詩羽先輩の回!
でもあり、もともとギャルゲー出身の作者がライトノベルへ移ったときの苦労が作中に落とし込まれているなあと感じた1冊であった。
この作者、自分の経験を作中に落とし込み、主人公やヒロインの経験に置き換えてキャラの魅力を出すのが非常にうまい。
先輩を始め彼女たちが輝けるのは作者の実体験があってこそだと思っている。
今回の内容は、小説としての文章とギャルゲーのテキストは全然違うという話。
小説は1冊が全部つながっているから、回収できる伏線は回収しなければいけないけど、ギャルゲーはルートが分岐してくるから伏線を全部回収する必要はなく、無駄が出てくる。
でもそれはそれで一つの最適な解であり、必要な無駄といっていいだろう。

ラブコメのほうは、詩羽先輩がさりげなく提示した二つのルートという名のヒロイン選びに対して主人公が第3のルートという解法を選択。
と同時に実質詩羽先輩を振った結果となってヒロインレースからは一歩後退といった感じかなあ。
だけどエリリンゴのターンは全然来ないし、加藤は相変わらず地味だしでヒロイン争いはどうなってる!?
シナリオが完成したとなれば次はイラストになるだろうからおそらくエリリンゴのターンが来るとおもうんだけどなあ。



評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.5
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆★ 7.5
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.5
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

ウは宇宙ヤバイのウ! レビュー

ウは宇宙ヤバイのウ! セカイが滅ぶ5秒前/宮澤伊織

ウは宇宙ヤバイのウ! セカイが滅ぶ5秒前/宮澤伊織


一迅社文庫より12月の新刊「ウは宇宙ヤバイのウ!」のレビューです。

基本情報
ウは宇宙ヤバイのウ!
作者 宮澤伊織
イラスト モフ
ジャンル SF、コメディ


あらすじ
巨大隕石が降り注いで5秒…地球は滅亡した!
―と、次の瞬間、高校生の久遠空也はベッドの上で目覚めた。
今のは夢!?だけどやけに生々しい…。ベッドの隣には冷めた目のヌル香。

「なにやってるんです?しっかりしてください」

彼女はため息混じりに説明する。空也はかつて星間諜報局の敏腕エージェントだったが、世界線混淆機なるものを起動させたことで記憶を失い、地球人の高校生になったというのだ。

「緊急措置としてついでに時間も遡りました。隕石が再び落ちてくる二日後までにこの状況をなんとかしてください」
「…ってどうしろと!?」


評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.5
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5



感想
気が付いたら地球で高校生になっていた主人公とメカ少女のSFコメディ。
タイトルがタイトルなだけに警戒はしていましたが、中身を読んでみるとまっとうな時間遡行SF。
無知の主人公に世界の危機が迫っている場面、他人を助けるために時間遡行を使う、得体のしれない生物が襲ってくるなど、時間モノとSFモノの基本はしっかりと押さえている。
もちろん主人公に危機が迫っている場面での緊張感の盛り上げも十分で、読みごたえもばっちり。
それでも作品全体がギャグ風味なため、最後のオチはかなりあっさりめ。
これをいいととらえるか悪いととらえるかは個人的な問題かな。
自分は若干物足りなかったが、オチとしてはちゃんと付いていると思った。
作品全体の完成度は高い。

こういうサクっと読める時間モノラノベ、増えないかなあ。
「七花、時跳び!(☆9.5)」「タイム・スコップ!(☆8.5)」みたいなやつ。

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

ライトノベル新刊評価 11月

11月のライトノベル新刊評価です。

傑作
今日からかけもち四天王!(電撃文庫) +8
引きこもりたちに俺の青春が翻弄されている(一迅社文庫) +6
黙示録アリス(富士見ファンタジア文庫) +6
MONSTER DAYS(MF文庫J) +5

良作
六人のイヴと神殺しの使徒(富士見ファンタジア文庫)
付喪神は青春をもてなさんと欲す(スーパーダッシュ文庫)
艦隊これくしょん(ファミ通文庫)
見習い神官レベル1(ファミ通文庫)

凡作
アンリミテッド・オーバースキル(HJ文庫)
暗黒魔王な俺TUEEE!(このライトノベルがすごい!文庫)
青と黒の境界線(電撃文庫)
セブンホールズの魔女(ガガガ文庫)
白河氷翠のひめごと(一迅社文庫)
あやかしちぇんじ!(オーバーラップ文庫)

駄作
女子には誰にも言えない秘密があるんです!(講談社ラノベ文庫) -8

全体的に読了数が少ない印象を受けた11月でした。
ラノベの読了数はだいたい発売日1週間をピークにそこからあまり増えないのですが、特に電撃文庫の伸びが普段より伸びず、新作6作品中4作品は評価がつきませんでした。
良くも悪くも評価が上下しやすい(読者が多いから)電撃文庫にしては珍しいケース。
そして一迅社のいかにも地雷っぽいタイトルの作品がここまで評価を集めるのも珍しい。
これをあらすじとタイトルから良作と見抜けというのは無理ゲー。
さらに11月は新作を2作品しか買わなかったのですが、その内1つがこの月唯一の駄作である「女子には~」。
イラストはよかったのだが新人賞のレベル自体を疑う出来でした。
見る目ないなあ、自分。

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

ライトノベル新刊評価 10月

10月のライトノベル新刊評価です。

傑作
この素晴らしい世界に祝福を!(角川スニーカー文庫) +8
魔法の子(富士見ファンタジア文庫) +8
祓魔学園の背教者(電撃文庫) +6
代償のギルタオン(スーパーダッシュ文庫) +5

良作
魔神フゥリエは明日から本気出す(一迅社文庫)
パナティーア異譚(ファミ通文庫)

凡作
黒き英雄の一撃無双(HJ文庫)
約束使い!(講談社ラノベ文庫)
紫電の刃と慟哭の精霊姫(一迅社文庫)
プログレス・イヴ(富士見ファンタジア文庫)
ロック・ペーパー・シザーズ(富士見ファンタジア文庫)
メイジオブリージュ(MF文庫J)
ゴスロリ・ファーザー(スーパーダッシュ文庫)

駄作
ファイティング☆ウィッチ(電撃文庫) -8
ニート系戦隊らぶりぃー・りとる・どろっぷす(電撃文庫) -6
七曲ナナミの斜めな事情(講談社ラノベ文庫) -5
W・W・W(講談社ラノベ文庫) -5
魔法幼女と暮らしはじめました。(電撃文庫) -5
禁忌の転生術と誓約の姫君(ファミ通文庫) -5
ヒャクヤッコの百夜行(このライトノベルがすごい!文庫) -4


…この月は振りかえれば振りかえるほどひどいですね。
事前予測でダメ出ししまくったら見事に的中しました。
特に電撃文庫の地雷3連発はひどい。
新人賞作家で固めた2013年2月が
アリスリローテッド +5
明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。 +9
エーコと【トオル】と部活の時間。 +7
塔京ソウルウィザード +8
と、全部傑作だったのと比較してしまうと、焼け野原と言っていいだろう。
これに突っ込んでいった方はご愁傷様でした。

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

ライトノベル新刊評価 9月

「ライトノベル新刊評価」と題しまして、新たな切り口からオススメ作品を紹介する新企画をやっていきたいと思います。
以前この記事で自分が読書メーターの統計を取っていることを紹介しましたが、このデータをずっと持っているだけではもったいない!と思ったので、定期的に還元していけたらいいなと考えこの企画に至りました。
毎月、2カ月前程度に出た新作について評価のよかったもの、悪かったものを紹介していきます。
買いそびれた作品、評価が気になる作品はこの機会にチェックしてみるといいことがあるかも。

ライトノベル新刊評価における評価段階
以前の記事にならい、赤評価をプラス緑評価をマイナス、黄色評価をどちらでもないとし、赤評価の数と緑評価の数を比較していきます。
(プラス票-マイナス票)が5票以上を傑作
(プラス票-マイナス票)が2票以上を良作
(プラス票-マイナス票)が-2票以下を凡作
(プラス票-マイナス票)が-4票以下を駄作
とし、各月ごとに上記の判定に引っ掛かった作品を紹介していきます。傑作、駄作については票数のプラスマイナスも載せます。
新作が出てから大体2カ月もあれば評価が固まるので、これから毎月頭に(覚えていたら)この記事を更新していこうと思います。
とりあえず今月は9月~11月分まで紹介していきます。
この記事の更新段階で評価対象外だった作品が、その後の評価変動で対象内に入った場合でも、改めて記事に載せるということはありません(作業がとても面倒なので)。


それでは紹介に入っていきます。
傑作
ロストウィッチ・ブライトマジカル(電撃文庫) +8
俺の教室にハルヒはいない(角川スニーカー文庫) +8
無作為抽出恋愛遊戯(ガガガ文庫) +5
隣人は真夜中にピアノを弾く(ガガガ文庫) +5

良作
姉ちゃんは中二病(HJ文庫)
I.R:I.S(講談社ラノベ文庫)
グランクエスト・アダプト(富士見ファンタジア文庫)
ロムニア帝国興亡記(富士見ファンタジア文庫)
永劫回帰のリリィ・マテリア(MF文庫J)
最新のゲームは凄すぎだろ(ヒーロー文庫)

凡作
外道王子の魔神隷従(HJ文庫)
高1ですが異世界で城主はじめました(HJ文庫)
巡ル結魂者(講談社ラノベ文庫)
葵くんとシュレーディンガーの彼女たち(電撃文庫)
ドラグリミット・ファンタジア(富士見ファンタジア文庫)

駄作
新世の学園戦区(富士見ファンタジア文庫) -8
Let's パーティー!(GA文庫) -6
絶対調和☆御裏崎ちゃんっ!(MF文庫J) -4
光機動飛翔兵器 武装妖精フェアリア(MF文庫J) -4

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

1月の新刊 下

1月下半期の新刊情報です。

New!は新シリーズ
☆は購入確定
○は購入検討


ガガガ文庫 17日発売
俺が生きる意味 4巻
GH部中等部 8巻
高校生魔王の決断 2巻
下ネタという概念が存在しない退屈な世界 5巻
魔女は世界に嫌われる 2巻
New! 声優ユニットはじめました。 ▽


一迅社文庫 18日発売
俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件 7.5巻
千の魔剣と盾の乙女 12巻
小悪魔どもが俺の部屋を溜まり場にしている 2巻
New! あいまね! ▽
New! きゃめろっと! ▽
New! マスターブレイズ ×


富士見ファンタジア文庫 18日発売
甘城ブリリアントパーク 3巻
棺姫のチャイカ 8巻
ライジン×ライジン 7巻
フルメタル・パニック!アナザー 7巻
バーガント反英雄譚 4巻
勇者リンの伝説 4巻 ☆
ドラグリミット・ファンタジア 2巻
新世の学園戦区 2巻
ロムニア帝国興亡記 2巻
天地無用!GPX
New! 心空管レトロアクタ ▽
New! ブルークロニクル ▽
New! 最近、妹の様子がちょっとおかしいんだが。 -


MF文庫J 24日発売
落ちてきた龍王と滅びゆく魔女の国 5巻
光機動飛翔兵器 武装妖精フェアリア 2巻
三千世界の魔王サマ 3巻
ストライプ・ザ・パンツァー 2巻
絶対調和☆御裏崎ちゃんっ! 2巻
蒼柩のラピスラズリ 6巻
ひきこもりパンデモニウム 2巻 ☆
豚は飛んでもただの豚? 3巻
フレースヴェルグ・イクシード 4巻
魔技科の剣士と召喚魔王 4巻
魔弾の王と戦姫 8巻
盟約のリヴァイアサン 4巻
New! さて、異世界を攻略しようか。 ×
New! シロノノロイ ▽
New! Re:ゼロから始める異世界生活 ×


スーパーダッシュ文庫 24日発売
クライシス・ギア 3巻
New! 魔物ワールドは二周目令嬢が作ったのだ!
New! 俺たちのコミュ力がもはや学園異能バトル


オーバーラップ文庫 25日発売
聖剣と魔竜の世界 3巻
New! 魔王が多すぎる世の中に告げる ▽
New! 閃虹の機構美神 ×
New! いずも荘はいつも十月 ▽


ファミ通文庫 30日発売
犬とハサミは使いよう 8巻
四百二十連敗ガール 4巻 ☆
すずみんは肉食系火竜 3巻
パナティーア異譚 2巻
New! リーガル・ファンタジー ▽
New! キルミルカタル ×
New! 竜棲学園の不適格輝士 ×
New! ニートな魔王とツンデレ勇者 ×


ヒーロー文庫


購入確定は勇者リン、ひきパン、四百二十連敗ガール。
富士見ファンタジア文庫の新作も面白そうだけど、もう富士見ファンタジアの新作には期待しないことにしてるから…。

1月下半期の注目作
ブルークロニクル(富士見ファンタジア文庫)
あいまね!(一迅社文庫)

ブルークロニクルは久々にオーラを感じるあらすじ。様子をみて評判がよかったら購入したい。
あいまねは一迅社にしてはなかなか掴んでくるあらすじ、これが新人賞だというからさらに驚き。

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

このライトノベルがすごかった!2013 すごくなかった編

自分が読んできたライトノベルの中からオススメ作品を紹介する「このライトノベルがすごかった!」
第4部ではすごくなかった編と称し、オススメ度ワーストランキングを紹介していきます。
ランキングの性質上、ネガティブな評価、感想が多くなりますので苦手な方はご注意ください。

第4部での対象作品
・自分が2013年に読んだライトノベル
・☆10+(殿堂入り)ではない

それでは第4部の紹介に入ります。



第1位
インテリぶる推理少女とハメたいセンセイ
ジャンル:ミステリー
既刊1巻完結

評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆ 6
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆★ 7.5
.ストーリー:☆☆☆☆ 4

.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆ 7
..総合評価:☆☆☆☆☆★ 5.5
オススメ度:☆☆☆☆ 4


文句なしのワースト1はこれ。孤島で少女たちをレイプし続ける主人公のミステリー?作品。
受賞時のタイトルが話題になったのがこの作品のピーク。ひたすら読みづらい文章が長々と続き、いきなりバスケし始めたり登場キャラが語り始めるなど心折設計。
この作品はレイプ作品ではなくオナニー作品だったのではないか。そう思いたい。


第2位
美少女が多すぎて生きていけない
ジャンル:学園、ドタバタラブコメ
既刊2巻完結

評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆ 6
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
.ストーリー:☆☆☆☆☆ 5
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9
..総合評価:☆☆☆☆☆☆ 6
オススメ度:☆☆☆☆☆ 5


美少女アレルギーの主人公が偶然アイドルの下着姿を撮影してしまったことからはじまるドタバタラブコメ。
このテの恐怖症・アレルギー設定の主人公の中でも客観的に自分の立場をわきまえられず、言い訳ばかりして状況改善しようとしない主人公がひたすら不愉快。
周りのヒロインはラノベらしいキャラ付けができているのだが、脳内お花畑の主人公のせいで全てがぶち壊し。


第3位
巨大迷宮と学園攻略科の魔術師
ジャンル:学園、ファンタジー

評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆ 7
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆★ 7.5
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆ 6

.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
..総合評価:☆☆☆☆☆☆★ 6.5
オススメ度:☆☆☆☆☆☆ 6


学園の地下に広がる迷宮を攻略するファンタジー作品。
学園として生徒のサポートが全く機能してない学園の制度に、死が間近に迫っているのにピクニック気分な生徒たち。
説明不足な設定が多すぎてとてもリアル系を謳えた作品ではなかった。



第4位
テツワンレイダー
ジャンル:ファンタジー、バトル
既刊4巻完結

評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆★ 7.5
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆★ 6.5
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆ 7
オススメ度:☆☆☆☆☆☆★ 6.5


断絶された世界から脱出するためにバトルに参加する主人公のファンタジーバトル。
世界観の説明からキャラ設定に至るまで、全部が説明不足でイベントが駆け足で過ぎていくため、情緒のへったくれもなく、固有名詞があるキャラが死んでも何とも思えなかったのが致命的。
売れ線をぶち込んだら失敗した、という感じの印象しか受けなかった。


第5位
姉ちゃんは中二病
ジャンル:学園、コメディ
既刊2巻続刊

評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆ 6
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆★ 7.5
オススメ度:☆☆☆☆☆☆★ 6.5


突然他人の頭の上に文字が見えるようになった主人公と、中二病姉ちゃんの異能コメディ。
設定自体は悪くなさそうなのに、一人称と三人称の視点の使い方が悪く、読んでいて苦痛。
途中で挿入される知識のひけらかしが作品のテンポをさらに悪くさせ、最終的に物語のテンポが冗長になって山場を感じ取ることができなかった。

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

このライトノベルがすごかった!2013 殿堂入り編

自分が読んできたライトノベルの中からオススメ作品を紹介する「このライトノベルがすごかった!」
第3部では殿堂入り作品を紹介していきます。

第3部での対象作品
・自分が2013年に読んだライトノベル
・2013年1月~12月に本編が完結
・オススメ度☆10+評価

それでは第3部の作品紹介に入ります。


オレと彼女の絶対領域
ジャンル:学園、ラブコメ、異能
既刊7巻完結

評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9.5
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10

.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10


超常現象と量子力学が交差する異能ラブコメ。
明日香先輩を始めとした女の子たちのやきもきするラブコメが楽しい作品である一方、作品の主軸である心的外傷(トラウマ)を作品へ落とし込む表現が巧み。
恐怖症、トラウマなどを扱うライトノベル作品は結構多いがここまで上手に使っていた作品を他に見たことがない。


詠う少女の創楽譜
ジャンル:ファンタジー、学園、ハーレムラブコメ、バトル
既刊7巻完結

評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10

.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10


歌が力となり魔法となるファンタジーバトルコメディ。
PC畑出身のキャラクターの可愛さはもちろん、キャラが増えるごとに指数関数的にギャグパートがおもしろくなるという、巻が進めば進むほど笑える作品。
打ち切りエンドっぽいのが惜しまれる。


生徒会の一存
ジャンル:学園、部活モノ、日常、パロディ
既刊10巻完結+短編集7巻+α

評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.5
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10


生徒会の個性的なメンバーが生徒会室で会議をする日常系コメディ。
ライトノベル業界の日常系を開拓した作品で、パロディからギャグ、ラブコメ、シリアスまで詰まって最後は大団円。
ただ笑わせるだけのギャグ作品ではない、けどどの日常系作品よりも笑えるであろう1作。


ロウきゅーぶ!
ジャンル:スポーツ、学園、ドタバタラブコメ
既刊13巻完結

評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.5
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.5
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10


休部となってしまったバスケ部に所属する主人公が女子小学生バスケ部のコーチになるスポーツコメディ。
タイトルや周りの評判を真に受けると騙されてしまうほど、スポーツコメディとしての完成度が高い。
ロリコンネタはこの作品にとってスパイス程度でしかなく、読んでいくにつれ最終的には少女たちの成長が嬉しくなるだろう。

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

このライトノベルがすごかった!2013 新シリーズ編

自分が読んできたライトノベルの中からオススメを紹介する「このライトノベルがすごかった!」
第2部では今年始まった新シリーズに着目してみます。

第2部での対象作品
・自分が2013年に読んだライトノベル
・2013年1月~2013年12月に1巻が発売されたシリーズ
・☆10+(殿堂入り)でない

それでは第2部のランキングに入っていきます。


第1位
百錬の覇王と誓約の戦乙女
ジャンル:ファンタジー、戦記モノ
既刊2巻続刊

評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆★ 7.5
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9


異世界に飛ばされた主人公が現代の知識でのし上がる戦記モノファンタジー。
心理描写が丁寧な作者で、「○○と思ったからこう行動した」この流れがわかりやすい。
また複数ヒロインが主人公を囲むラブコメ展開も健在。


第2位
勇者リンの伝説
ジャンル:学園、ファンタジー、ドタバタラブコメ
既刊3巻続刊

評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.5
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9

.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.5
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9


肉体派の伝記士主人公とちっちゃな勇者のファンタジーコメディ。
基本的にコメディに振ってあるためシリアスパートが少なく、気楽に読める作品。
イラストも非常に素晴らしく、リンをはじめとしたキャラクターが可愛い。


第3位
葵くんとシュレーディンガーの彼女たち
ジャンル:学園、SF、ラブコメ
既刊1巻完結

評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆★ 7.5
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9


平行世界を行き来する主人公の青春SF。
だんだん重なり合う二つの世界を行き来し、その狭間で揺れる主人公の姿が丁寧に描写されている。
ラブコメ方面はうやむやだったが、SFとしての完成度は高い。


第4位
止まらないで自転車少女
ジャンル:スポーツ
既刊1巻続刊?

評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9

.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5


自転車を乗れない少女たちに乗り方を教えるスポーツコメディ。
とにかく可愛い少女たちが、自転車に乗るために必死になる姿を見ているのが楽しい。
イラストも素晴らしい。


第5位
クロックワーク・プラネット
ジャンル:SF
既刊2巻続刊

評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.5
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5

.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5


機械仕掛けの未来の世界で生きる主人公たちのSF作品。
読みやすい、かわいいを地で行き、多少強引な設定もそれを押し通すだけの描写がきっちりしているため、読みやすいのは当然だが見ていてわくわくする。
ページ数の厚さは感じさせないのだが、主人公たちの熱さが感じ取れる。

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

このライトノベルがすごかった!2013 既存シリーズ編

自分が読んできたライトノベルの中からオススメ作品を紹介する「このライトノベルがすごかった!」
2013年もやっちゃいます!
第1部では既存シリーズ編、第2部では新シリーズ編、第3部では殿堂入り作品編として各部門最高5作品を紹介していきたいと思います。
また、第4部として今年は「このライトノベルがダメだった!」を辛口成分多めでやっていく予定でもあります。


第1部での対象作品
・自分が2013年に読んだライトノベル
・完結していない、もしくは完結していても☆10+(殿堂入り)評価ではない

それではランキングに入っていきます。

第1位
俺、ツインテールになります。
ジャンル:学園、戦隊モノ、バトル、ドタバタラブコメ
既刊5巻続刊

評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10

.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10


ツインテールの力で世界を守るドタバタ戦隊モノ。
ツインテールに対する作者の異常なまでの愛情、憎めない敵キャラ、ヒロイン同士の激しいド突きあいなど、あらゆる方向に飛びぬけた斬真なギャグでコメディラノベの頂点をひた走る爽快な作品。
アニメ化も決定し、今後のメディアミックス情報にも目が離せない。


第2位
ある日、神様がスマホにおわしまして
ジャンル:学園、ギャグコメディ、ドタバタラブコメ
既刊2巻完結?

評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 8.5
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10


落神を祓うためにスマホに降臨した神様と一緒に問題を解決していくドタバタギャグコメディ。
「詠う少女の創楽譜(☆10+)」の雨野智晴の持ち味であるキャラクターの可愛さがいかんなく発揮された、腹の底から笑えるコメディ。
続刊の情報がなく、おそらく完結(打ち切り)となってしまったのは作者のファンとして残念。


第3位
月花の歌姫と魔技の王
ジャンル:ファンタジー、ラブコメ
既刊4巻完結

評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.5
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.5
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆★ 7.5
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.5
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.5


魔法と科学が支配する世界で繰り広げられるファンタジー作品。
すがすがしいまでの俺TUEE主人公(鈍感)、幼馴染、そしてミーツヒロインが繰り広げるラブコメが巻を追うごとに盛り上がりを見せていた。
こちらも完結っぽいのが残念だが続編の望みがあるので期待したい。


第4位
オトメな文具。
ジャンル:学園、異能、ドタバタラブコメ
既刊3巻完結

評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.5
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.5

.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.5
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.5


文房具な女の子たちと、それを修復する主人公が学園に巣食う怪物を駆除していくちょっとエッチなドタバタラブコメ。
この作品は女の子が可愛い、その一言に尽きると思う。
作者のマニアックなフェチと可愛いキャラクターが融合した、最後まで笑えるコメディ。


第5位
冴えない彼女の育て方
ジャンル:学園、部活モノ、ラブコメ
既刊5巻続刊

評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.5
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆★ 7.5
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.5
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10

(評価は5巻終了時点、感想リンクは4巻終了時点のものです)

冴えないヒロインに恋した主人公が、彼女を主人公にしたギャルゲーを作成するラブコメ。
PCゲーム畑出身の作者がラノベに殴りこみ。作者の経験が作中のギャグとなりストーリーの骨となり活きている。
ひと癖もふた癖もある女の子たちが魅力的でもある。

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

穢れ聖者のエク・セ・レスタ レビュー

穢れ聖者のエク・セ・レスタ/新見聖

穢れ聖者のエク・セ・レスタ/新見聖


MF文庫Jより12月の新刊「穢れ聖者のエク・セ・レスタ」のレビューです。

基本情報
穢れ聖者のエク・セ・レスタ
作者 新見聖
イラスト minoa
ジャンル ファンタジー、バトル


あらすじ
天より与えられし無双の兵器「輅機(ロキ)」の力で世界征服を目論むフィガロ魔皇国。
その圧倒的な武力を前に祖国を滅ぼされた亡国の皇子シリュウは、魔皇国の侵略戦争の最前線に立たされながらも、一切の戦功を認められない不遇の日々を送っていた。
復讐に燃えるシリュウ。そんな彼の野望を見抜いたのは“聖女"と称えられる義妹エトラだった。

「さあ、お義兄様、共に末短き未来を歩んでいきましょう」

――その復讐に幸いと災いのあらんことを願う兄妹が“神代の詩(エク・セ・レスタ)"を詠う刻、絶望へとつながる叛逆の扉がここに開かれた。
新時代の幕開けを告げるリベリオン・サーガ、降臨!


評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆★ 7.5
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆★ 7.5


感想
祖国を失った元王族の主人公が復讐をするために立ち上がるファンタジーバトル。
設定自体は悪くないのだが、それを表現する能力が足りてない。
「アイドル≒ヴァンパイア(☆7)」では肉ばかりで骨がないと評価したが、この作品はその逆で骨はあるのだが肉付けがよくない。
戦闘シーンになるとなぜかいきなり体言止めの連続、主語と単純な述語しかない短い文章の連続。
おそらく作者は短い文章の連続で緊迫感を与えたいのだと推測するが、そのせいで読みづらく、バトルシーンの情景が浮かんでこない。
自分はキャラクターの様子を脳内に浮かべながら読書するタイプなので、情景が浮かんでこないともう作品に興味が持てなくなってしまう。
表題であるエクセレスタについてもただ詠唱が長いだけの魔法にしか見えず、それを導入することでロボ主体のバトルにどうテコ入れをしたかったのかがいまいち伝わらず。
あと、主人公の作戦がちょっと不確定要素に頼りすぎなんじゃないですかねえ。

さて、もともと自分がこの作品を購入した一番のきっかけはイラストなわけなんですが…。
冷やかな目で見てくるヒロインっていいですよね。
だけど、挿絵を見ても人物、それもバストアップだけという構図が多く、先述したように情景が浮かんでこないことも併せてイラストがあまり機能していなかった。
キャラのデザインセンスは悪くないのだがもうちょっと書き込み量がほしかった。

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

政宗くんのリベンジ レビュー

政宗くんのリベンジ/竹岡葉月

政宗くんのリベンジ/竹岡葉月


一迅社文庫より12月の新刊「政宗くんのリベンジ」のレビューです。

基本情報
政宗くんのリベンジ
作者 竹岡葉月
イラスト Tiv
ジャンル 学園、アンチラブコメ


あらすじ
復讐するために、俺はこの町に帰ってきた!
8年前、美少女・安達垣愛姫にこっぴどくフラれたデブで冴えなかった少年・政宗は、激ヤセし名字を変え、イケメンに変身して帰って来た。
そう、すべては残虐姫の異名を持つドSな彼女を惚れさせ、最高の形で振るという、復讐のために―。
リベンジラブコメ登場!


評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆★ 7.5
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆★ 7.5


感想
デブだった主人公を振ったヒロインに復讐するために、イケメンになってこっぴどく振る計画を立てるアンチラブコメ。
この作者の作品は「おおコウスケよ、えらべないとはなさけない!(☆9.5)」を読了している。
非常に繊細な青少年の恋愛を描いた作品で、この作品にもそういう作風を期待していた。
しかし、この作品はそういった作者の長所があまり活かされていなかった。
というのも、作中におけるイベントの頻度がページ数に対してあまりにも多すぎる。
そのため、「イベントAが起きる→主人公やヒロインに心情変化が起きる→イベントBが起きる→…」
という一連の流れにおける登場キャラの心情変化を描写するスペースがほとんどなく、描写しているうちに次のイベントが始まり、その影響でまた心情が変わってしまい、作品全体を通してみるとキャラがころころ変わっているように見えてしまう。
あとがきをみる限りだと、どうやら作者原作の漫画のノベライズということで媒体変更には気を使っていたようだが、これぞまさに「メディアの違いを理解」してなかったかなあ。
漫画は連載という形を取る以上、やはり短いサイクルでイベントを起こす必要があるが、小説は基本買い切りなので1冊全体を通した山の作り方が望まれる。
作中の設定などは面白く、またコメディパートや短い心理描写からは作者の能力が伺えるので、続きの購入は検討するが、もっとじっくりまったり展開してほしいものである。

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

俺、ツインテールになります。 5 感想

俺、ツインテールになります。 5 (ガガガ文庫)/水沢夢/〔著〕(文庫)

俺、ツインテールになります。 5 (ガガガ文庫)/水沢夢/〔著〕(文庫)


ガガガ文庫より「俺、ツインテールになります。 5」の感想です。

基本情報
俺、ツインテールになります。
作者 水沢夢
イラスト 春日歩
ジャンル 戦隊モノ、バトル、ドタバタラブコメ
既刊5巻続刊


あらすじ
待ちに待った夏休み!
しかし、ツインテイルズの戦いに休息はない…と思っていたら、アルティメギルもまさかの夏休み宣言!?
この機会に、ツインテール部は強化合宿を行うことに。
行き先は―なんと異世界!
そこで出会う新たなツインテールとは!?
ちょうどその頃、首領から裏切り者エレメリアンの抹殺の命を受けたダークグラスパーは、配下である戦闘部隊“貴の三葉”を追っ手として差し向け、自身もまた異世界へと旅立とうとしていた…。
ポニーテール属性のエレメリアンついに登場!
異世界を舞台に空前の激闘が始まる!!


感想
ツインテールの力で世界を救うヒーローバトルコメディの5巻。
もうね、この作品の感想についてはいつものとおり「変なはずなのにやたら熱血だなあ」の一言しか思い浮かばないのですよ。
それでいて笑えるってのもいつも通り。
言うことがなくて感想に困っちゃう。

今回は夏休みに突入。
異世界でバカンスかと思いきやそこでもエレメリアンが登場し、退治することに。
愛香がヒロインやってるぜ!と思ったけどそんなことはなかったぜ!
エレメリアンたちが恐怖症を克服するために愛香の絵を描くシーンが特にツボに入った。
本当、この作者はいじりどころをわかっているなあ。
敵勢勢力としてはポニーテール属性の熱血、フェニックスギルティの登場。
しかしどうやらアルティメギアの中でも孤立しているようで様子がおかしい…。
今後も登場してくるようだが、はたしてストーリーにどう影響を及ぼすのやら。

戦闘方面では主人公たちがダブルスキルを身に付けたおかげで戦闘の幅が広がり、バトルシーンがさらに面白くなった。
いきなり愛香が口からビームを吐き出したりね。
彼女はどこまで行ってしまうのだろうか…(遠い目)
敵の強さもどんどん強くなっているが、相手から奪った属性玉、そしてダブルスキル能力によってバトル方面も目が離せない。
あ、会長はいつも通りかわいかったですよ(小並感)


評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10

.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。