スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロウきゅーぶ! 14 感想

ロウきゅーぶ! 14巻

ロウきゅーぶ! 14巻


電撃文庫より「ロウきゅーぶ! 14」の感想です。

基本情報
ロウきゅーぶ!
作者 蒼山サグ
イラスト てぃんくる
ジャンル 学園、スポーツ、部活モノ、ドタバタラブコメ
既刊13巻完結+1巻


あらすじ
クリスマス直前。
昴に振ってきたのは、養護教諭・冬子とのお見合い騒動だった。
慧心女バスメンバーと一緒に冬子の実家の温泉旅館に向かう昴だったのだが── 

「ふぁう、昴さんのお顔がすぐそばまで」
「ど、どうして、キ、キスしようと……」
「うへへ、ぽよぽよであったいですなー」
「おー、ひなもおよめさんごっこしたい」
「はぅ、服を着てないと風が冷たくて…」

 はたして昴の運命やいかに!? 
美星からのクエスト、胸騒ぎの体育祭、慧心学園&七芝高校の文化祭など、5人の魅力がいっぱい詰まった短編集!


感想
爽やかロリコンスポコメディの14巻。
書き下ろし含む短編集ということで今回はバスケはほぼなし。
やっぱりこの作品はバスケやらないとパワーが足りない。
ロウきゅーぶの短編集の何がいやって、露骨なエロが挿入されるのがだよ。
この作品に求めるのは小学生女子がパンツ見せたり裸見せたりするんじゃない。
小学生女子が汗と涙を流してボールを追いかける姿なのだ。
アニメ化が終わってから短編集だけでなく本筋でも露骨にロリっぽさを出してきていたが、今回は短編集ってことでサービスシーン満載。
でも違う、そうじゃないんだ。
さらに追い打ちをかけるのがイラストのがっかりさである。
こんながっかりな挿絵を入れるならエロシーンはばっさりカットでいいと思えるほど残念。
すでに殿堂入りしているこの作品であるが、この巻だけで見るといまいち面白くなかった。


評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.5
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.5
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.5
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件 5 感想

ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件 5/野村美月

ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件 5/野村美月


ファミ通文庫より「ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件 5」の感想です。

基本情報
ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件
作者 野村美月
イラスト Karory
ジャンル ファンタジー、TS、ドタバタラブコメ
既刊5巻続刊


あらすじ
女装&替え玉な家庭教師生活ももう半年ほど。
生徒たちに懐かれたのは嬉しいけれど、聖羅が毎日メイド服を着て、お茶を淹れてくれるようになったのは絶対マズイ!
それ以外にも、真面目で一途過ぎる竜樹王子に、ブラコン気味の更紗姫、その更紗姫にベッタリな織絵姫、お母さんっ子の真王子…特定の相手しか目に入らない問題児ばかり。
彼らの世界を広げるため、“先生”として一計を案じた僕は―。
ファンタジー家庭教師コメディ、好評第5巻!


感想
女装した主人公が国王一家の家庭教師を務めるTSドタバタラブコメの5巻。
前巻で中だるみ感を感じさせたこの作品だったが、今回はキャラ面でテコ入れをしてきた。
登場させるキャラは変えず、その組み合わせを変えることでキャラの新たな一面を引き出そうとする試みは成功。
キャラを増やさず新たな魅力を出せるというのはさすがベテラン作家だなあと思った。
ドタバタラブコメにありがちな、「新刊のたびに新キャラを出してその場しのぎの展開を繰り返す」という流れにならなくて安心。

ただし、ストーリー進行のほうは本当に牛歩。
キャラ面は強化されたがここ2冊は本当に日常描写で終わっているので、次巻こそは進展が欲しい。


評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.5
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5

.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

小悪魔ティーリと救世主!? 6 感想

小悪魔ティーリと救世主!? 6

小悪魔ティーリと救世主!? 6


MF文庫Jより「小悪魔ティーリと救世主!? 6」の感想です。

基本情報
小悪魔ティーリと救世主!?
作者 衣笠彰梧
イラスト トモセシュンサク
ジャンル ファンタジー、ドタバタラブコメ
既刊6巻完結


あらすじ
地獄から帰ってきてから1ヶ月。
悪魔化の影響を天使の力によって制御することで、聡一郎とティーリは平穏な日常を送っていた。
ティーリもかつての悪魔らしい所行を見せることも減り、率先して家事を行うなど本当の意味で人間世界で生きていこうと努力を見せていた。
一方、聡一郎はそんなティーリとの毎日に満足もしながらも、心に大きな喪失感を抱えていた。
未練の残るエリーゼへの気持ちとの決別のため、聡一郎はエリーゼとの思い出の地を回ることを決め……。
大人気クリエイターコンビが贈る、ちょっとエッチな居候系ラブコメ第6弾!


感想
天使と悪魔の素質を持った主人公のファンタジードタバタラブコメ、完結巻。
エリーゼがいなくなった主人公の生活は平穏ながらもどこかさみしいものに。
心に空いた穴を埋めるためにエリーゼとの思い出を回収する旅に出かける主人公。
そんな折、天界に呼ばれる主人公だったがそれはミカエルの策略で、檻の中に幽閉されてしまう。
そんな時に現れたもう一人の大天使、ラファエルの言動により主人公は自分の本当の気持ちに気づき…。

というわけで完結を迎えたわけですが、ちょっと日和ったかなーというのが本音。
悪魔と天使が戦争しそうだとか、ティーリの片翼とかのフラグをことごとく無視して、何もない日常エンド、というのは物語として締まりが足りない。
この作品自体はキャラのさりげない行動に心理がうまく出ていて読んでいて面白かっただけに、軟着地しすぎだなあと思った。
どうせなら主人公がどちらかの能力で暴走するとか、悪魔が天界に乗り込んできたとか、そういう中で答えを見つけ出す展開だったら盛りあがっただろうなと容易に想像できるだけにもったいない。
そしてタイトルの「ティーリ」、こいつはどこいった。
最後の最後まで添え物扱いだったぞ…。
PC畑出身の作者らしいコミカルなキャラクター揃いで男キャラも面白いというラノベではなかなか見られない作品だったので、楽しかったと同時にもったいないという印象が強く残ってしまう。
せめてもう1冊…。ともあれお疲れ様でした。


評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

四百二十連敗ガール 4 感想

四百二十連敗ガール 4 (ファミ通文庫)/桐山なると/著(文庫)

四百二十連敗ガール 4 (ファミ通文庫)/桐山なると/著(文庫)


ファミ通文庫より「四百二十連敗ガール 4」の感想です。

基本情報
四百二十連敗ガール
作者 桐山なると
イラスト 七桃りお
ジャンル 学園、ドタバタラブコメ
既刊4巻完結


あらすじ
嵐のような一学期が終わり、待ちに待った夏休み!
デレプリ以降デレ化が止まらないジェラ空木にハメられ、藤棚メンバーは園芸部員として合宿へ旅立つ。
美少女三人との旅行ムードと高原の開放感、そして他校の生徒も女子ばかりというロケーションにエクストリーム状態のハルだが、彼が知り合った二人、茜と英梨香は毒空木の過去に関係していて―!
閉ざされた毒空木の気持ちを前に迷うハルは…!?


感想
美少女が多い学校に入学した主人公と破天荒なヒロインのドタバタラブコメの最終巻。
学園祭が終わり、美也子が急にデレ始める。
様子がおかしいと思った主人公はケガのふりをしていた美也子にあっさりはめられて園芸部に入部させられてしまう。
園芸部の活動で美也子の中学生の知り合いに出会う主人公だったがそこでひと悶着ありふさぎこんでしま美也子。
ハルはどうにかして美也子を元気づけようとするが、そこで美也子の魅力に気づき…。

ということでデビュー当初から爆走していたドタバタ告白ラブコメが完結。
このシリーズは読むのが本当に疲れる。
でも決して読みづらいとかではなく、有り余ったエネルギーを受け止めるのが大変、ということ。
基本パロネタは使わないという作者の意気込みの通り、持ち前のギャグセンスだけで見事最後まで笑いを提供してくれた。
ストーリー構成はまだまだ荒いが、ギャグセンスと勢いのよさは光っていた。
そしてなにより、毒空木美也子というどうみても地雷としか思えないヒロインの魅力を最大限に引き出した手腕が素晴らしい。
気がつけば美也子に虜になっていた、というのは決して自分だけではないはずだ。
惜しむらくはデレが始まった美也子の破壊力が抜群だったのにシリーズがここで終わってしまうということだ。
この素晴らしいキャラをここで埋没しておくのはもったいない。
これはもう作者の次回作に期待するしかないだろう。


評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.5
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

4月の新刊 下

4月下半期の新刊情報です。

New!は新シリーズ
☆は購入確定
○は購入検討


ガガガ文庫 18日発売
キルぐみ 3巻
GJ部ロスタイム ☆
殺戮のマトリクスエッジ 2巻
セブンホールズの魔女 2巻
魔王が家賃を払ってくれない 7巻
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 9巻


一迅社文庫 19日発売
千の魔剣と盾の乙女 13巻
ニーベルングの指輪 2巻
真剣で私に恋しなさいっ!S 7巻
New! 水精霊師の契約魔法 ×
New! 断界の欠喚士 ×
New! 暁のヴァンピレス -
New! 最終戦争は二学期をもって終了しました ×


富士見ファンタジア文庫 19日発売
棺姫のチャイカ 9巻
織田信奈の野望 11巻
冴えない彼女の育て方 6巻 ☆
対魔導学園35試験小隊 7巻
東京レイヴンズ 11巻
スカイ・ワールド 7巻
ぼくのゆうしゃ 4巻
ブルークロニクル 2巻
GOD W(`・ω・´)RLD 2巻
New! Only Sence Online ×
New! ゴールドラッシュ・オブ・ザ・デッド ▽
New! S.I.R.E.N. ▽
New! ダブル・ロール! ×


MF文庫J 25日発売
風に舞う鎧姫 4巻
キスから始まる戦機乙女 3巻
穢れ聖者のエク・セ・レスタ 2巻
さて、異世界を攻略しようか。 2巻
神暦のアポクリファ 3巻
星刻の竜騎士 15巻
精霊使いの剣舞 13巻 ☆
蒼柩のラピスラズリ 7巻
ノーゲーム・ノーライフ 6巻
疾走れ、撃て! 9巻
緋弾のアリア 17巻
変態王子と笑わない猫。 8巻 ☆
魔技科の剣士と召喚魔王 5巻


オーバーラップ文庫 25日発売
IS 9巻
あやかしちぇんじ! 2巻
いずも荘はいつも十月 2巻
New! 異世界魔法は遅れてる! ▽
New! フレイム王国興亡記 ×


スーパーダッシュ文庫 25日発売
オレのリベンジがヒロインを全員倒す! 2巻
New! 偽神戦記 ▽
New! 特別時限少女マミミ ▽
New! 流星生まれのスピカ △


ファミ通文庫 28日発売
見習い神官レベル1
ヒカルが地球にいたころ…… 10巻
サイコメ 5巻
聖王剣と喪われた龍姫 2巻
New! 転醒のKAFKA使い ▽


購入確定はGJ部、冴えない彼女、精霊使い、変態王子と4冊。
新作での購入予定はなしかな。

4月下半期の注目作
流星生まれのスピカ(スーパーダッシュ文庫)

イラストも綺麗だし、あらすじの雰囲気が綺麗。
作者も実績があるようなので安心して買えるだろう。

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

アブソリュート・デュオ 5 感想

アブソリュート・デュオ 5/柊★たくみ

アブソリュート・デュオ 5/柊★たくみ


MF文庫Jより「アブソリュート・デュオ 5」の感想です。

基本情報
アブソリュート・デュオ
作者 柊★たくみ
イラスト 浅葉ゆう
ジャンル 学園、異能、バトル、ラブコメ
既刊5巻続刊


あらすじ
“焔牙”―それは超化された精神力によって、自らの魂を具現化させて創り出す武器。
“七芒夜会”にて開かれた“殺戮遊技”の最中、“4”へと昇華した俺は、新たな力を得て“K”を退けた。
しかし、夏休みを間近に控え、束の間の休息を取っていた俺たちの元に、“K”が最後の切り札“死化羽”を装備し、学園を襲撃。
絶大な力の前に、俺とユリエは苦戦を強いられる。
そして戦闘中、負傷した俺を目の当たりにし、ユリエが秘めた力を暴走させ…?
パートナーとの絆で未来を掴み取る、学園バトルアクション第5弾!
神の化身たる獣―銀狼、その咆吼が闇夜に響き渡る。


感想
覚醒した力で戦う学園バトルコメディの5巻。
この作品の感想でいつも真っ先にキャラクターがかわいいというのが出てくるが、逆にいえば今までそれだけで持ってきた。
ただ、1巻の頃から懸念していたパワーバランスというかバトルの魅せ方というか、そういう方面の悪さがかなり露呈してしまい、作品に興味が持てなくなってしまったというのが正直な所。
5巻では手負いのKに対してまた(そう、また)バトルをするという主人公たち。
そしてユリエたちの力がまた(くどいが、また)覚醒し、片づける。
なんでまた覚醒パターンなのか。同じようなピンチになって同じような解決方法で同じ敵を倒すというのはもう見あきた。
そしてKはここまで引っ張っておくようなキャラじゃないしここまで引っ張ってきたのに巻の前半であっさり抹殺するという中途半端ぶり。
ちょっと何をしたいか意図が伝わってこない。
巻の最後には主人公の因縁の敵とのバトルが始まるけど、これまでの実績をみるとどうせまた同じパターンになるんだろうなと疑ってしまう。
ちょうど第1部が終了したことだし、この辺りで見切りをつけるのも悪くはないだろう。


評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

オタク荘の腐ってやがるお嬢様たち レビュー

オタク荘の腐ってやがるお嬢様たち/長岡マキ子

オタク荘の腐ってやがるお嬢様たち/長岡マキ子


富士見ファンタジア文庫より3月の新刊「オタク荘の腐ってやがるお嬢様たち」のレビューです。

基本情報
オタク荘の腐ってやがるお嬢様たち
作者 長岡マキ子
イラスト 森岡しじみ
ジャンル 学園、サブカル、ドタバタコメディ


あらすじ
俺こと霧島英君の通う清聖学園(一昨年まで女子高)には、小さな学生寮がある。
俺の母親が寮の管理人を務める「オーガスタ・クリスタル荘」。
通称「オタク荘」にはその名前から連想される「オタク」とは無縁の美少女たちが住んでいる。
しかも小説家だの、陸上部のエースだの、はては天才発明家だったり、本物のアイドルもいるらしい。
その中でも校内でぶっちぎりの人気を誇る生徒会長の御車響子はもちろん「オタク」であるはずもない…と思ってたさ。
あの事件が起こるまではな。
彼女の秘密を知ってしまった俺は、なぜか「オタク荘」の管理人をしながら、まったく知らない世界に飛び込むことに!?


評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆★ 7.5
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆★ 7.5


感想
お嬢様学校の寮の管理人になった主人公がオタク荘に住む女の子たちの秘密を知ってしまうオタク系ドタバタコメディ。
もうね、この手の話はすでに飽き飽きしているんですよ。
でも金髪お嬢様がメインヒロインとなれば釣られて購入してしまうのが悲しいところ。

腐女子をメインテーマに扱っているだけに作中は薄味ながらも腐女子について理解が深められるような描写はなされている。
ただしそれがストーリー構成にまで還元されているかというと疑問点が多い。
この巻では最初に出てきた金髪お嬢様の悩みを解決するのがメインストーリーとなっていくのだが、最初の同人会で不自然なほど早足でオタク荘の女子と邂逅している。
その後他の女の子たちがストーリーに絡んでくるかと言えばそうでもなく、金髪お嬢様の話が進み、そして最後に別のヒロインがとんでもないことを言うのだが…。
別のヒロインに何かさせるには彼女の心理描写が圧倒的に不足しているため唐突にしか感じられず、結果として話がブチ切れているようにとらえられる。
この巻は他のヒロインの情報はなるべく隠し、同人会場でも会わないようにして、一人のヒロインに集中したほうが物語の流れとしてスッキリしたのではないだろうか。
最後に別のヒロインが出てきたことで最初のヒロインの問題解決も余韻がなくあっさりと流されてしまった印象を感じる。
この作者の他の作品は読んでいないが、どのシリーズも割と短い巻数で終わっているため焦っているのか編集の意図が入っているのかはわからない。
でもラノベという媒体で発売する以上、1巻での終わりかたを見据えてのストーリー構成をしてほしかった。

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。