スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使の飼い方・しつけ方 感想

スーパーダッシュ文庫より「天使の飼い方・しつけ方」の感想です。

基本情報
天使の飼い方・しつけ方
作者 淺沼広太
イラスト 羽々キロ
ジャンル ファンタジー、ラブコメ
既刊5巻完結


あらすじ
雨の土曜日。
ベッドでマンガを読んでいた超マイペース高校生・神月ひかるの元に、なんと天使がやって来た!!

「天使かぁ…いるところにはいるんだな」
「ちょ、ちょっと!もっとあるでしょッッ!?」

思わぬ鈍重なリアクションに、登場早々窮地に立たされまくる天使セラ!!
さらに悪魔少女イデルまでもが現れて、「魂、ちょうだい…」と(やる気なさげに)ひかるに迫る!!
この異常な事態にひかるは…特に何も考えてはいなかったッッッ!!
壮大なる“天使空回り劇”が、今始まる―。
エンジェリック・ラブコメディ、光臨。


感想
突然主人公のもとに天使と悪魔がやってくるファンタジーラブコメ。
この作者の作品はすでに「オトメな文具。(☆9.5)」「俺は彼女の犬になる!(☆8)」を読了し、積み本にも「一緒に革命しませんか?」「ディーは人型魔装具です。」を購入しており、個人的にひそかに注目している。
今回は天使、悪魔関連の話で、話の展開は非常にベタ。意外性は全くといっていいほどない。
前作の1巻感想でも述べたが、この作者はこれといってストーリー展開に特徴があったり、文才がどうのこうのといったタイプの作者ではない。
だけどキャラクターがかわいい。
その1点があるおかげで普通に話を動かしているだけで面白い、こういうタイプの作者である。
ダウナー属性の悪魔もかわいいし、「ノーーウ!」が口癖の天使もかわいい。
オトメな文具の炭谷姉妹といい、どうしてこうもツボをついてくるキャラを描いてくれるのか。


評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。