スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 7 感想

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 7/裕時悠示

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 7/裕時悠示


GA文庫より「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 7」の感想です。

基本情報
俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる
作者 裕時悠示
イラスト るろお
ジャンル 学園、ラブコメ、部活モノ
既刊7巻続刊+短編集1巻


あらすじ
ヒメに偽恋人の件がバレて以降、「自演乙」に様々な変化があった。
学年トップの座を奪われ、復活を期す鋭太。そんな鋭太のため料理を覚える千和。
中2病の暴走も収まり、一皮向けたヒメ。恋愛脳が絶好調、ひとり大勝利する愛衣。
そして鋭太に別れを告げた真涼は、学校を欠席して―。
真涼不在のまま学園祭の季節がやってきた。どうなる「自演乙」!

「真涼、本当にそれでいいのか!?」
「去り際は潔く、よ」

裕時悠示×るろおが贈る、甘修羅らぶ×らぶコメディ第7弾!


感想
俺修羅、約1年ぶりの新刊。
前巻でフェイクであることがバレた主人公と真涼は結局フェイク関係を解消し、真涼は海外へ逃亡。
このまま自演乙も解散の流れになると思った…が、文化祭の途中で戻ってきて部員全員に主人公と別れたことを告げ、部活は存続することを伝える。
さて、ここまでは普通の流れなんだが、今度は真涼が「露骨に」千和をサポートする、というかひいきするという方向性に走って非常に気持ち悪い。
そしてその魂胆が、主人公に構ってもらいたいという構ってちゃん思考がだだ漏れで見ていて不快感が漂う。
春秋冬が順調にヒロインレースをやっているのに、夏だけスタート地点から逆走しているようにしか見えない。
もともと真涼にはキャラとしての魅力がなく、主人公と付き合っているという点だけがアドバンテージだったので、それが解消されちゃったらただのクズになるのは確定的に明らか。
読メではかなり人気のキャラなんだが、自分には真涼の魅力がこれっぽっちも理解できない…。
「まよチキ!(☆7.5)」の涼月奏といろいろ被るんだよね。嫌な点も含めて。
彼女一人のせいで話がぶち壊されているような気がして、そろそろこの作品にも見切りをつけようかなと考え始めてきている。



評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆★ 7.5
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。