スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一緒に革命しませんか? 感想

一緒に革命しませんか? 僕らのバラ色の出撃/淺沼広太

一緒に革命しませんか? 僕らのバラ色の出撃/淺沼広太


スーパーダッシュ文庫より「一緒に革命しませんか?」の感想です。

基本情報
一緒に革命しませんか?
作者 淺沼広太
イラスト 宮坂みゆ
ジャンル 学園、バトル、ドタバタラブコメ
既刊3巻完結


あらすじ
選ばれし者が集う渡良瀬学園に抽選で入学してしまった佐藤大輝は、「トリプルスター」「コモン」「アンコモン」という階級が存在し、さらに『カップルかどうか』で人の価値が決まってしまう学園の制度に違和感を覚え、入学3日目にして事件を起こしてしまう。
そのピンチを救ったのは「スカーレット」と呼ばれる美女・翔子だった。
彼女は反生徒会を掲げて革命を目論む地下組織「紅のスバル」の首謀者だったのだ!
大輝は自由のために戦うという翔子に惹かれるのだが…!?
常識を覆すアンチ(?)ラブコメディ、開幕。


感想
カーストが存在する学校に転入してきた主人公が学校のシステムに疑問を抱き反旗を翻すバトルコメディ。
作者は最近お気に入りの淺沼広太で、「オトメな文具。(☆9.5)」「天使の飼い方・しつけ方(☆8)」「俺は彼女の狗になる!(☆8)」と読んできている。
そしてイラストは「生徒会ばーさす!(☆10+)」の絵師である宮坂先生。
この作者の持ち味といえばこだわりのあるエロシーンと登場キャラクターの魅力である。
だけどエロシーンは他の作者でも書けそうなラノベにありがちの普通なエロしかなく、キャラクター方面は主人公が魅力に欠けた。
「オトメな文具。」では変態発言をしながらも筋をしっかりと通していたいい主人公だったのだが、この作品の主人公はただ状況に流され続けるだけで主体性、意思を持っておらずストーリーの駒としてしか映らなかった。
そして非情になりきれない主人公でとても戦力になるとは思えず、余計になよなよしているように見えた。
女の子たちは絵師の素晴らしいイラストのおかげもあり今回もよかった。
総合的にみれば学園のシステムとかも正直そこまで魅力的に見えず、続きはいいかなという判断に至った。


評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.5
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆★ 7.5
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆★ 7.5
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。