スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異世界魔法は遅れてる! レビュー

異世界魔法は遅れてる! 1 (オーバーラップ文庫)/樋辻臥命/著(文庫)

異世界魔法は遅れてる! 1 (オーバーラップ文庫)/樋辻臥命/著(文庫)


オーバーラップ文庫より4月の新刊「異世界魔法は遅れてる!」のレビューです。

基本情報
異世界魔法は遅れてる!
作者 樋辻臥命
イラスト himesuz
ジャンル ファンタジー


あらすじ
「―魔術師、八鍵水明。全ての理に辿り着くことを志す現代の神秘学者だ」

現代に生きる魔術師である八鍵水明は、突如現れた魔法陣によって友人とともに異世界へ転移してしまう。
だけど勇者として呼び出されたのは友人で、自分はそれに巻き込まれただけ!?
しかも帰る方法がわからない!?
水明は魔王討伐の旅に同行することを断り、ありとあらゆる現代魔術を駆使しながら、もとの世界に帰る方法を探しはじめる―。
圧倒的な現代魔術と未知の異世界魔法が交錯する異世界ファンタジー、開幕!!

評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆★ 7.5
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆★ 6.5
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆ 7
オススメ度:☆☆☆☆☆☆★ 6.5



感想
異世界に召喚された主人公が元の世界へ戻る方法を探るファンタジー。
web作品が書籍化したいわゆる「なろう系」作品の一つ。
タイトルからもわかるとおり、主人公が飛ばされた異世界のほうが魔法文明が遅れているという設定がベースにあり、読む前はこのギャップを活かしたコメディが繰り広げられるのかなあと期待していた。
しかし読んでみるとその期待は全くのアテ外れで、主人公が俺TUEEするための道具になり下がっていた。
しかもこの主人公に全く魅力がない。
魔王討伐に対してひたすら逃げ腰であるのはまあわからなくもないが、それなら異世界で無双しているというのがストーリー軸とまったく噛み合っていない。
それでいて無駄に謙虚、というか自己評価が低すぎてその姿が非常に不快。
バトルシーンも魔法文明が遅れている異世界に対して「俺の世界ではこうですよー。でもこれは中の下くらいですよー。」このパターンの連続。
主人公の言葉選びがとにかくいらつく。
なんか作者がこの主人公に自己投影をしているように見え、それに酔っているようにしか取れなかった。

そんな作品なんだが、最後勇者の一行が旅立ちをする数ページのやりとりは普通に面白かったのがさらによくない。
このやりとりが描けるのを見せられると、どうしてこんな作品になってしまったのだろうかと思ってしまう。
どうせなら主人公も勇者一行についていって、勇者一行の魔法使いのつたない魔法にニヤニヤしながら迫る危機をこっそり排除する、みたいな作品にしてほしかった。
残念ながらこの主人公と設定の使い方には面白さを見出すことはできなかった。
スポンサーサイト
コメント

No title

web版と比べたら何かいろいろ付け足したせいでチグハグになってる感じですね
まあこの後苦戦したりするからなろう読者の間では批判が多いみたいですが

No title

>appさん
web小説出身の作品は改稿も一つの手間になりますよね。
それまで作者だけで書いていたものがプロの編集によって手を加えられてしまうわけですから。
それよりも自分はなろう系の作品の主人公とはあまり相性がよくないみたいです。
なんというかスカした奴が多くて…。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。