スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京聖塔 レビュー

東京聖塔(トウキョウジグラート)/雨野智晴

東京聖塔(トウキョウジグラート)/雨野智晴


MF文庫Jより5月の新刊「東京聖塔」のレビューです。

基本情報
東京聖塔
作者 雨野智晴
イラスト 富岡二郎
ジャンル ファンタジー、ドタバタラブコメ


あらすじ
東京聖塔―突如、東京都新宿区に現れた、攻略者の如何なる願いも叶えてくれる人知を超えた、まるでRPGのような世界。
多くの塔覇士たちが塔へと挑んだが、生存率わずか10%、未だ制覇した者は誰もいない。
今、塔の扉を潜る一人の少年がいた。
千畳敷一護は、致死の奇病・石化病に冒され余命2年の妹、一衣を救うため、塔への挑戦を決めるが、その能力値は挑戦者の中で最弱クラス。
さらに、どんなに強い装備を手にしても塔を制覇するには最低でも10年の時を要するという。
しかし、死へのタイムリミットが決まっている妹のため、とある最強のスキルを取得するのだが…?
喪失の彼方、因果の理を捻じ曲げろ―高みを目指す、ネイキッドソードアクション!


評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8


感想
不治の病にむしばまれる妹を助けるために、攻略するとなんでも願いがかなうと言われているダンジョンを攻略する主人公のファンタジーコメディ。
作者は「詠う少女の創楽譜(☆10+)」「ある日、神様がスマホにおわしまして(☆10)」の雨野先生。
作者の持ち味と言えばPC畑出身ならではのキャラメイクのよさに、キャラ同士の掛け合いの切れ味である。
最近のはやりであるダンジョン系の作品に殴りこんだ雨野先生であるがそこは先生、ただのファンタジーには終わらなかった。
ある日~の読者なら絶対に笑うであろう全裸ネタを中心としたコメディタッチのノリはさすが。
そしてヒロインにも外れキャラがいない。

と、ここまで手放しで褒めたのは他の作者の作品も含めた全体での相対比較での話。
この先生の作品の中で比較してしまうともうワンパンチもツーパンチも足らない。
メインヒロインである生徒会長は超まじめ系で主人公の全裸を見てあわてふためいたりするわけだが、もちろんそれが悪いわけではない。
しかし、ある日~の小古曽先輩と比べてしまうとやや真面目方向に寄りすぎていてインパクトが足りていない。
また、全裸ネタも前作を読んでいればある程度予測できてしまう上に背徳感がないので、こちらもインパクトが薄い。
さらに登場ヒロイン数も妹と生徒会長の2人だけであり、ヒロイン同士の絡みもないため先生の持ち味も半減。
2巻ではさらにヒロインが追加されることは確定しているので、しり上がりの先生なら面白い作品にしてくれるだろうという期待はある。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。