スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共鳴無敵の落ちこぼれ レビュー

共鳴無敵の落ちこぼれ 紅の魔女庭園 (講談社ラノベ文庫)/赤福大和/〔著〕

共鳴無敵の落ちこぼれ 紅の魔女庭園 (講談社ラノベ文庫)/赤福大和/〔著〕


講談社ラノベ文庫より6月の新刊「共鳴無敵の落ちこぼれ」のレビューです。

基本情報
共鳴無敵の落ちこぼれ
作者 赤福大和
イラスト うらび
ジャンル 学園、異能、ドタバタラブコメ


あらすじ
クレイ学術研究都市――突然現れた電影と呼ばれる怪物たちと戦うため、ここには世界中から人々が集められていた。
中でも切り札なのが、科学魔術師と呼ばれる存在である。
そんな科学魔術師の少年・月谷春斗は、とある能力の偏りのため、変わり者扱いを受けていた。
ある日、春斗は教師から呼び出しを受ける。
そこにいたのは、学年一の美少女・乙部イオン。
このままだと退学になってしまう春斗とイオンは、補習として、ふたりで電影狩りをすることになるが……!?
“防御力は最強だけど攻撃力ゼロ”な少年と、“攻撃力は最強だけど防御力ゼロ”な少女。
ふたりの落ちこぼれが出会うとき、共鳴の物語は幕を開ける――!
新鋭が贈る学園バトルアクション!


評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆★ 7.5
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆★ 7.5


感想
夜な夜な徘徊する魔物を退治するために異能で戦うバトルコメディ。
なんというか、文章構造が読みづらい。
作中の設定を読者に伝えるために、キャラがいちいち説明口調になっているため、作品を読んでいるというよりも、作品の設定集を読んでいるような感じになっている。
そのおかげでリズムが悪い。
用語集でもまとめて巻末にあればテンポよく進めたのではないだろうか。
でもって作品中の異能の構造が理解できないからバトルシーンが思い浮かばない。
主人公は防御力は高いみたいだけど、ただエネルギー波を出すだけだと敵にダメージを与えられなくて、逆にヒロインは攻撃力は高いけどそれ以外がダメで。
で、エネルギー波で戦うと思ったら武器が具現化して、でも最終的にはエネルギー波が交差して破壊力を生み出して…。
うーん。僕の読解力じゃちっとも理解できない。
結局作者は何がしたかったのだろう。
おそらく庄司編集のおかげでキャラ構成、適度なラッキースケベなどコメディとしては悪くないが、肝心のバトルがちょっとお粗末なので最後までノリきることができなかった。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。