スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライトノベル新刊評価 6月

6月のライトノベル新刊評価です。

傑作
この恋と、その未来(ファミ通文庫) +7
東池袋ストレイキャッツ(電撃文庫) +6


良作
神話殺しの虚幻騎士(角川スニーカー文庫)
給食争奪戦(電撃文庫)
視ル視ルうちに好きになる(電撃文庫)
赫竜王の盟約騎士(一迅社文庫)
国家魔導最終兵器少女アーク・ロウ(富士見ファンタジア文庫)
焦焔の街の英雄少女(MF文庫J)
神楽坂G7(スーパーダッシュ文庫)
陸と千星(ファミ通文庫)


凡作
神様ライフ(角川スニーカー文庫)
共鳴無敵の落ちこぼれ(講談社ラノベ文庫)
ユート(このライトノベルがすごい!文庫)
聖煉の剣姫と堕ちた竜の帝国(一迅社文庫)
異世界無双の戦術竜騎士(富士見ファンタジア文庫)
聖剣と邪刀の叛逆者(MF文庫J)


駄作
修理屋さん家の破壊神(富士見ファンタジア文庫) -4


久々に傑作が2つ出た6月。
どちらも固定層をがっちり持っているベテラン作家の新作。
森橋ビンゴのほうはあらすじからも良作臭が漂っていました。
杉井光のほうはよくわからん。
5月に出した新作が傑作だった野村美月は読書数は多いのだが評価が思ったより伸びず良作止まり。
とりあえず6月の反省は修理屋さん家の破壊神に対しての事前チェックで最初は×評価を付けていたのに日和って▽にしてしまったところ。
この作者は結局ダメなんだよ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。