スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

叛逆のドレッドノート レビュー

叛逆のドレッドノート/岩田洋季

叛逆のドレッドノート/岩田洋季


電撃文庫より6月の新刊「叛逆のドレッドノート」のレビューです。

基本情報
作者 岩田洋季
イラスト 白もち桜
ジャンル 学園、異能、ドタバタラブコメ


あらすじ
日本の沖合から遠く離れた≪学園≫。
そこでは、"煉気"と呼ばれる異能力をもった子供たちが集められていた。
この学園に入学することになった岩代零が、真紅のドレスを身に纏う学園の超問題児・新宮百華に触れた瞬間、[共振錯覚]によってお互いの思念が映像として流れ込み、恥ずかしい秘密を共有することに。
傍若無人な百華に振り回される毎日の中で、少しずつ心を通わせていく二人。
そして、零は学園の真実と襲来する"蛇"の謎、さらには百華が≪叛逆少女≫と呼ばれる秘密に迫っていく――。


評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8


感想
共振錯覚と呼ばれる現象によってお互いの秘密を共有してしまった主人公たちの異能ラブコメ。
「護くんに女神の祝福を!(☆8)」「花×華(☆7.5)」の岩田洋季による新作で、やはりベテランなのでそつがない。
まず脳内にお互いの秘密が流れる異能設定だが、これ自体はありがちな設定かもしれないがその描写が読者にしっかり伝わってくるから主人公たちがちゃんと恥ずかしがっている様子が手にとってわかる。
それだけのことなんだけど、それができない作者の多いこと。
またキャラメイクも花×華に続いて可愛いキャラが多くこちらもさすがはベテラン。
一方で、護くん~の時も思ったのだが、若干異能関係が弱いというか世界観に引き込まれないところもある。
あと個人的に生徒会長がちょっと琴線に触れなかったのが惜しい。
ちょっとエッチな生徒会長は好きです。でもあの誘惑のしかたはちょっとなしかなあ。
1巻では変にストーリーがシリアスにはならなかったので今後もこの軽さを維持してくれるなら続きを読みたい。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。