スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雀 レビュー

雀 肌上の猛牌/櫂末高彰

雀 肌上の猛牌/櫂末高彰


スーパーダッシュ文庫より7月の新刊「雀」のレビューです。

基本情報

作者 櫂末高彰
イラスト 一葉モカ
ジャンル 学園、麻雀、TS


あらすじ
女の子に間違われがちな主人公・雀(♂)はなぜか拉致られ、脱衣麻雀対決に巻き込まれて…!?
男らしさを求める雀は、麻雀初心者の巨乳美少女・喚子とともに最強軍団「生徒会」に挑む!!
ふざけてるけど実は本格派!麻雀ラノベ一丁和了り!!


評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆★ 7.5
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆★ 7.5


感想
麻雀の成績で全てが決まる学校で、主人公が女装しながら麻雀をするTS麻雀コメディ。
「学校の階段(☆8)」の作者で麻雀モノとなれば買わないわけにはいかない。
脱衣麻雀ではあるが一昔前の「1回あがったら1枚脱ぐ」のではなく、衣類ごとに点数をつけて失点に応じてキャラが脱ぐという発想はなかなか面白い。
しかし残念ながらその面白い発想が活かせていなかった。
というのもどの試合も点数の移動が大味で、1枚1枚脱がしていく、1枚1枚脱げてしまうという緊張感がなかった。
主人公が徐々に点数を失っていき、身バレする危険性を案じてドキドキするとか、対戦相手の女の子が脱いでいく姿に股間が熱くなっちゃうとか。
TSと非常に相性のいいこの設定を活かす方法はいくらでもあったのだが、場の進行を優先するあまりこちらの描写が全くといっていいほどなく、もったいない。
そして最後のバトルの展開も、素人が書いたような逆転劇。本当に自分でも書けそうだなと思ってしまった。
ドラ爆弾って基本的にタブーなんだよね。
しかも例えばここぞというときにドラが乗りやすいとかそんな描写があるならともかく平凡な主人公がいきなりその局面だけドラに恵まれるとかご都合主義もいいところ。
某麻雀漫画みたいなオカルト能力を持った女の子たちだったらまだ許されたのかもしれない。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。