スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異国の軍師の救国奇譚 レビュー

異界の軍師の救国奇譚(フェアリーテイル)/語部マサユキ

異界の軍師の救国奇譚(フェアリーテイル)/語部マサユキ


角川スニーカー文庫より「異国の軍師の救国奇譚」のレビューです。

基本情報
異国の軍師の救国奇譚
作者 語部マサユキ
イラスト 明星かがよ
ジャンル ファンタジー、コメディ


あらすじ
「アンタを召喚したのは、この世界に定住させる為じゃない!!」
器用貧乏すぎてモテない大地耕は、ある日謎の声に導かれ異世界転生。
なんとか王宮庭師として働きはじめ、ドジっ子メイドのティアや麗しき護衛師キリカとゆったりライフを満喫していたのも束の間。
自称女神の幼女に「救世主として世界を救え」と宣告され!?
金なし・コネなし・チートなしの主人公が挑む、異世界救国奇譚が開幕!第19回スニーカー大賞“特別賞”受賞作!!


評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
  イラスト:☆☆☆☆☆☆ 6
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆★ 7.5

.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆★ 7.5
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆ 7



感想
器用貧乏な主人公が異世界へ転生するファンタジーコメディ。
評判が高かったので購入予定にはなかったが読んでみることに。
しかし、うーん。
主人公が時々妙にうざいテンションになるのがどうしても合わなかった。
WEB出身の異世界転生ファンタジーの主人公にありがちな意味不明のノリ、どうにかならないのかねえ。
ストーリーのほうは主人公が転生した先で開かれる食事パーティが妨害されそうなので助けるというもの。
ヒロインの一見使えない「植物を育てる能力」の使い方は割と上手いほうだと思う。
でも、結果はともかく過程がいまいち腑に落ちない。
だって食事会でしょ。一から十まで主人公の世界の料理を出してちゃダメだと思う。
食事ってのはその地域の風土が反映されるものだからその土地に根付いた料理を出すのが普通じゃない?と思う。
例えばあなたがアメリカ人を自宅に招待するとしてフランス料理でおもてなしする?
この辺は同じ角川スニーカー文庫から出た「薬剤師協会の治験者募集案内(☆7)」でも思った。

とまあここまで言ったものの作品全体の完成度はストーリー評価にもあるように☆7.5、並クラス。
しかし、総合評価☆7とした最大の理由がイラスト。
これが非常に出来の悪い下書きレベルで、イラストレベルが上がった2014年ではこのレベルのものは他では到底見られない。
明星かがよといえば「七花、時跳び!(☆9.5)」や「前略。ねこと天使と同居はじめました。(☆7.5)」などのイラストを担当しているのだが、はっきりいってデビュー当時とイラストを比較すると明らかに手抜きが増えている。
ただし、本人のやる気の問題かと言われるとどうもそれだけではなく、編集のほうにも落ち度があるかもしれない。
というのも、この1か月前に出た「プリンセスオーダー!」を軽く立ち読みしてみたところ、ここまでひどいイラストは見受けられなかった。
若干の書き込みが足りないイラストもあったがおおむね満足できるレベルにあり、少なくともこの作品のような絵はなかった。
絵師本人も本人だし、このクオリティでゴーサインを出した編集も編集である。
プロという意識をしっかりと持って作品を創り上げてほしいと切に願う。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。