スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来/珈琲 レビュー

未来/珈琲彼女の恋。/千歳綾

未来/珈琲彼女の恋。/千歳綾


GA文庫より8月の新刊「未来/珈琲」のレビューです。

基本情報
未来/珈琲
作者 千歳綾
イラスト アマガイタロー
ジャンル 時間モノ、ホームドラマ


あらすじ
「―私のことをいやらしい目で見ましたね、父さん?」
ある日、高校生の湊遼太郎が家に帰ると、そこには全く知らない娘の姿があった。
雪音と名乗る少女(胸ナシ)は、未来から来た遼太郎の娘だという。
しかもある日、娘はふたりに増えていたのだった(こっちは巨乳!)!
プラチナブロンドで儚げな彼女・阿梨亜と遼太郎の関係が深まるのを邪魔してくる雪音。
雪音はなぜふたりを邪魔してくるのか。
ふたりは未来からどうやって飛んで来たのか。
謎に異能に家族の絆も相俟って、物語は息もつかせぬ展開へ…!?
ちょっと不思議で温かい、第6回GA文庫大賞奨励賞受賞作。


評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8


感想
1回だけ時間移動できる異能を持った少年の元へ、同じく時間移動で過去へ来た主人公の娘がやってくるホームドラマ。
序盤は正直娘が何をやりたいのかいまいちつかめず、ストーリーが完全に滑っていた感がある。
というのも、主人公と幼なじみのイチャラブがすでに完成されており、娘の目的がその妨害だとしてもエンターテイメントとしてやり方がよくなく、ちょっと見てられなかった。
それでも後半からは時間モノの悲惨さが出るいい構成であった。
娘たちが時間移動してきた理由が明らかにになり、主人公がディストピアを避けるために必死にあがく姿はやっぱり面白い。
物語も最終盤、主人公と娘の別れ際のシーンでもはっきりと言いたいことを言えたのは好印象。
それまでこいつヘタレなんじゃないかなと思っていただけに意外だった。

ホームドラマとしてみればそれなりに完成されていたのだが、ギャグ方面が情けないのと、無駄につけた続編をにおわせるオチが残念。
途中で入ってくるパロディはストーリーから浮いているし、最後のオチはBTTFのモロパクリ。
こういうところで完成度を下げるのちょっといただけないかな。
特にパロディは有名なセリフやシーンを入れておけばいい、というものではない。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。