スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読メユーザー評価から見るオススメライトノベル

ラノベ評価4SS


先日記事にした「読メユーザー評価から見るラノベレーベル勢力図」でも用いた独自の集計方法を用いて、プラス票数の多かったオススメ本をピックアップしてみます。
あくまで読書メーターでの傾向であり、自分が読んでいない本もあるため本当に面白いかどうかはわかりませんが、高評価を得ている本ばかりですので気になる本があれば購入してみてはいかがでしょうか。


10票
明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。/藤まる

明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。/藤まる


9票
四百二十連敗ガール/桐山なると

四百二十連敗ガール/桐山なると


クロックワーク・プラネット 1/榎宮祐/暇奈椿

クロックワーク・プラネット 1/榎宮祐/暇奈椿


8票
盟約のリヴァイアサン/丈月城

盟約のリヴァイアサン/丈月城


7票
リア王! (HJ文庫)/若桜拓海/著(文庫)
暗号少女が解読できない/新保静波
覇剣の皇姫アルティーナ/むらさきゆきや
氷の国のアマリリス/松山剛


この中で自分が読んで特にオススメできるのが「暗号少女が解読できない(☆8.5)」です。
ラノベで謎解きという珍しいジャンルですが、これが見事にラブコメとマッチしています。
暗号少女である沢渡さんの魅力が暗号に詰まっており、破壊力抜群。
暗号が解けなくても「悔しい!もう1問!」と思わせるだけの爽快感もあります。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。