スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モブ恋 レビュー

モブ恋/志村一矢

モブ恋/志村一矢


電撃文庫より8月の新刊「モブ恋」のレビューです。

基本情報
モブ恋
作者 志村一矢
イラスト ぎん太
ジャンル 学園、ラブコメ


あらすじ
俺の周囲には、ギャルゲ時空が存在する。
幼馴染の同級生、才色兼備の委員長、美人で巨乳(しかも超能力者)の先輩など、魅力的な女子たちが、一人の男子を中心にそれぞれのストーリーを展開している。
しかし、残念なことに、このギャルゲ時空の中心点・発生源は俺ではない。
それは俺の親友、渡会秋兎。
俺は「主人公の男友達」ポジションで、所詮は物語の脇役にすぎない。
そしてここに、秋兎に想いを寄せる、実に地味な少女がいることを俺は知り…。
これは、モブキャラな俺たちが下剋上を目指す、恋愛戦略ドラマなのだ。


評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8


感想
「竜と勇者と可愛げのない私(☆8)」の作者イラストコンビで送られる学園ラブコメ。
イケてるはずなのになぜかモテない主人公が、モブクラスの存在感しかないヒロインをラブコメ空間のヒロインに仕立て上げるという内容。
主人公の友達がギャルゲー的主人公であり、そこに女の子が寄ってくるという、一種のギャルゲーメタな設定である。
ちょっと発想は違うが雰囲気は「乙女ゲーの攻略対象になりました…。(☆8.5)」なんかと似ているかもしれない。
さて、ファンタジー系の長期シリーズも連載していた作者がいきなり学園ラブコメに転向してきたわけだが、流石はベテランといったところでしょうか。
地味なヒロインを自然に応援したくなるような細かい描写に気を配っているのが手に取るようにわかる。
こういう作品はえてして設定が先行しがちでキャラの内面を上手く描けないということが往々にしてあるのだが、そこはベテラン、そつがない。
そして最大の障壁になるであろう幼馴染もなかなかに可愛く描けている。

さて、1巻では主人公の告白、そしてモブ子の告白まで描いてお互いフラれて終了。
2巻以降はどうなるのかと気になるには気になるのだが、こっから先非常にグダりそうな気配が。
竜と勇者と~でも、1巻が終わった時点でおつかいゲーになる気配が漂っていた。
なんというかスロースターターというにはちょっと違うのだが、先が長そうで連載を追う気にはちょっとなれないかな。
面白いかどうかと次を買いたいかどうかってのは微妙に違う。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。