スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100万回死んでも少女は死体回収屋の苦労を知らない レビュー

100万回死んでも少女は死体回収屋の苦労を知らない/割石裂

100万回死んでも少女は死体回収屋の苦労を知らない/割石裂


富士見ファンタジア文庫より8月の新刊「100万回死んでも少女は死体回収屋の苦労を知らない」のレビューです。

基本情報
100万回死んでも少女は死体回収屋の苦労を知らない
作者 割石裂
イラスト ゆーぽん
ジャンル ファンタジー、コメディ


あらすじ
冒険者たちが日々迷宮に挑戦している世界。
彼らは死んでも棺になり復活可能の特異な存在だ。
そんな彼らの棺を回収し、復活させることを生業とする死体回収屋のブリッドは、ある日古びた棺を復活させる。
ところが、現れたのは裸の美少女だった!?
「わたしの裸の鑑賞料は回収100万回ぶんだよっ!」
と突然ムチャ振りをする、スゴ腕冒険者(自称)の少女ニナ!!ところが、迷宮に向かったと思えば“階段から落ちて死亡!?”“天井に突き刺さって死亡!?”という具合に死にまくり―!?
この物語はそんなトンデモ冒険者ニナに振り回され続ける回収屋ブリッドの苦悩を描く、非常識迷宮ファンタジーである!!
第二十六回ファンタジア大賞準大賞受賞作。


評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆★ 7.5
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆★ 7.5


感想
ダンジョンで力尽きた勇者を運び出す死体回収屋と、危険知らずの少女のファンタジーコメディ。
ファンタジー作品の多くでは主人公たちパーティは基本死なない。
なぜなら勇者たちが死んだシーンを描いても面白くないからだ。
でもこの作品は逆にヒロインをバンバン死なせてギャグにするという新しい発想である。
そしてそれに付随する死体回収屋という職業を作っている。

と、ここまでは面白そうな設定が揃っているのだが、実際に文章にしてみると…そこまで面白くないな。
ヒロインがダンジョンで死ぬ。主人公が回収する。それはいい。
でも、その最中は結局主人公がもくもくと棺を拾うだけ。
ヒロインは何もしゃべれない。
だから笑いが生まれてこない。
主人公は一人愚痴を垂れ流すだけ。ヒロインは復活してまた無茶するだけ。
そしてやっぱりというか、脳みそ筋肉のヒロインが受け付けられない。
これは個人差があるかもしれないが、自分は向う見ずヒロインが嫌いなので何も考えずダンジョンへ突っ込んでは死んで主人公に助けられている姿を見るとイラッとする。
主人公もこのヒロインを助ける理由なんかないと思うんだけどなあ。
さらに、なぜかストーリーの最後でヒロインの力が覚醒して…。
なんでこういうパターンにしちゃうのかなあ。
発想は面白いけど文章にしてみるとそれほど面白くなかった、という点で良い子の諸君!のAAを思い出すような作品だった。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。