スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウチの彼女が中二で困ってます。 レビュー

ウチの彼女が中二で困ってます。 1 (富士見ファンタジア文庫)/日の原裕光/著(文庫)

ウチの彼女が中二で困ってます。 1 (富士見ファンタジア文庫)/日の原裕光/著(文庫)


富士見ファンタジア文庫より3月の新刊「ウチの彼女が中二で困ってます。」のレビューです。

基本情報
ウチの彼女が中二で困ってます。
作者 日の原裕光
イラスト 有子瑶一
ジャンル 学園、異能、ドタバタラブコメ


あらすじ
中枢神経第二覚醒症候群―通称“中二病”。
この俺・不知火慧が転校してきた昇竜門学園は、特殊能力を発現させたその“中二病”学生だけを集めた特殊な学園だ。
今度こそクールでモテモテのキャラになるという、野望を達成するはずだったのだが…。

「私は中二病患者全員に中二病を楽しんでもらいたいのよ!」

俺の計画は今、夜会陽成美の出現によって、脆くも崩れようとしていた。
生徒から「ヤッカイさん」と呼ばれ恐れられる美少女に目を付けられた、俺のモテモテ学生ライフ(予定)はどこだっ!?―。


評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆★ 7.5
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆★ 7.5


感想
このタイプの学園ドタバタラブコメは、はっきりいって掃いて捨てるほど存在する。
その中で人気が出て長く続いている作品は、かけあいの一つひとつがおもしろい、キャラクターが可愛い、いや、実は設定がすごく凝っていて世界観に引き込まれちゃうなど、なにかしらいい点があるのが当然。
だけど、この作品はどれも平均点前後で特に何かずば抜けていいという要素が見当たらなかった。
中二病という設それ自体は割と目新しいが、目新しいだけでやっていることは微妙。
バトルシーンもうならせるような展開にはならなかった。
コメディシーンは悪くないが、ラブコメ展開も若干あくびが出ちゃうような内容でキャラとキャラの掛け合いでニヤリとするシーンがなかった。
後半のロリヒロインを助けるシーンが冗長気味だったのも影響しているのかもしれない。
やはりこういう作品でどこを切っても平均点だと、読んだ後の印象が薄くなってしまうなあ。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。