スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小悪魔ティーリと救世主!? 4 感想

小悪魔ティーリと救世主!? 4/衣笠彰梧

小悪魔ティーリと救世主!? 4/衣笠彰梧


MF文庫Jより「小悪魔ティーリと救世主!? 4」の感想です。

基本情報
小悪魔ティーリと救世主!?
作者 衣笠彰梧
イラスト トモセシュンサク
ジャンル 学園、ファンタジー、ドタバタラブコメ
既刊4巻続刊


あらすじ
小悪魔ティーリと天使エリーゼとの出会いにより、自分の考え方が変わってきたことを感じる聡一郎。
そんな変化を許容し始めた聡一郎の前に一人の少女・渚が現れる。
天真爛漫な彼女は驚くべきことにあの藤宮の妹で、いなくなった兄を探して聡一郎に会いにきたらしい。
さらに渚は「エリーゼさんは、その、天使さんなんですか?」と驚くべきことを言いだした。
普通の人間である渚が悪魔や天使の羽が見えるようになってしまった原因と藤宮失踪の謎を解くため聡一郎たちは藤宮探しを始めるが……!?
大人気クリエイターコンビが贈る、ちょっとエッチな居候系ラブコメ第4弾!


感想
悪魔と天使のドタバタコメディの4巻。
ここで唐突に持論を一つ。
「男キャラだけで笑いを取れる作品は面白い」
ライトノベルに限らず、漫画やゲームもそうだが、女の子をかわいく描ける作品はいくらでもある。
しかし、男キャラを魅力的に描ける作品というのはそう多くはない。
主人公とヒロインの掛け合いで笑いを取れる作品は多い。けど、その大半はやはりヒロインの魅力に依存する部分が多い。
だから、男キャラ同士の掛け合いで笑いが取れる作品は純粋に面白い作品が多い。
また、男キャラを面白く描ける作品はヒロインも魅力的だったりする。
4巻まで進んだこの作品だが、不良っぽい主人公と変態な男天使の二人がギャグにおいて非常に光っている。
男キャラがおもしろい作品はそれだけでギャグに幅が出るというものである。

ストーリーのほうは相変わらず添えるだけ状態。ティリ川さんは何もしていないし。
主人公は天使と悪魔の両方の能力に目覚め、ようやくストーリーの核心に触れたかな?程度。
ギャグが面白い作品なのでストーリーが薄いのは重々承知だが…。

挿絵のサービスショットは何かサービスする方向を盛大に間違えているような気がする。
2巻でフランクフルト、3巻でM字開脚ときてまたフランクフルトですか。
いいぞ、もっとやれ。


評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5

.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。