スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最弱無敗の神装機竜 レビュー

最弱無敗の神装機竜(バハムート)/明月千里

最弱無敗の神装機竜(バハムート)/明月千里


GA文庫より8月の新刊「最弱無敗の神装機竜」のレビューです。

基本情報
最弱無敗の神装機竜
作者 明月千里
イラスト 春日歩
ジャンル 学園、ロボ、ハーレムラブコメ、バトル


あらすじ
五年前、革命によって滅ぼされた帝国の王子・ルクスは、誤って乱入してしまった女子寮の浴場で、新王国の姫・リーズシャルテと出会う。

「…いつまでわたしの裸を見ている気だ、この痴れ者があぁぁっ!」

遺跡から発掘された、古代兵器・装甲機竜。
かつて、最強の機竜使いと呼ばれたルクスは、一切の攻撃をしない機竜使いとして『無敗の最弱』と、今は呼ばれていた。
リーズシャルテに挑まれた決闘の末、ルクスは何故か、機竜使い育成のための女学園に入学することに…!?
王立士官学園の貴族子女たちに囲まれた、没落王子の物語が始まる。王道と覇道が交錯する、“最強”の学園ファンタジーバトル、開幕!



評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆★ 7.5
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆★ 7.5


感想
学園メカバトルモノは最近増加しつつある。
例えば「学戦都市アスタリスク(☆7.5)」、例えば「ハンドレッド(☆7.5)」。
このジャンルの読者は一定数以上いるので需要を読みやすく、時流に乗ればアニメ化までいける可能性があるだろう。

その対抗馬として登場したこの作品だが…う~ん。普通。
お風呂から始まるハプニングは当たり前。
主人公の能力を測るためにバトルをやるのもお約束。
ストーリーはよくある。ということはキャラやギャグ、世界観の構築で見せ場を作れれば印象に残る。

だけどキャラクターがそれほど印象に残らず、ギャグパートはみんな色ボケしているのか発情しているのかわからないがただのハーレムもどきになっているため盛り上がらず。
個人的に一番期待していたメインヒロインであろう金髪お嬢様。
このキャラが光っていたらもっとよかったのだが、どうもあまり萌えなかった。
お嬢様で成績優秀で機械ジャンキーで隊長で…いろいろな属性を盛りすぎたせいでひとつひとつがブレブレになっているのが原因かもしれない。
あと、ツン期からデレに移行するのが早すぎる。
もはやお風呂イベントすら意味をなさないデレの早さに驚きだよ。

ストーリー方面では主人公が元王子だったりヒロインが王女だったりでなんとか差別化を測ろうと頑張っている姿は見てとれる。
しかしながらお嬢様のキャラがあまりよくなかったので言葉が響いてこず。
主人公も結局よくある無双パターンでがっかり。なら最初から無双しとけと思ってしまうのは自分だけだろうか。
俺TUEEが嫌いなわけではないが、俺TUEEって見せ方を間違えると一気に興ざめする要素になってしまう。

先述の「アスタリスク」はイベントの数々が主人公の御膳立てにしか見えず、「ハンドレッド」はイベントがまんま「IS(☆9)」であった。
この作品は主人公まわりのキャラクターがちょっと微妙かな。
「IS」ももし仮に今初めて読んだなら、☆7.5くらいをつけるかもしれない。
しかしパイオニアというのはいつも特別視され、フォロワーは比較される。コロンブスの卵。
何か光るものがないと後追い作品を追っていくのは辛い。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。