スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺、ツインテールになります。 感想

俺、ツインテールになります。

ガガガ文庫より「俺、ツインテールになります。」の感想です。

基本情報
俺、ツインテールになります。
作者 水沢夢
イラスト 春日歩
ジャンル バトル、ギャグコメディ


あらすじ
観束総二は異常なほどツインテールを愛する普通の高校生。
ある日、彼の前に異世界から来たという謎の美少女・トゥアールが現れる。
それと時を同じくして、総二の住む町に怪物たちが出現!

「ふははははは! この世界のすべてのツインテールを我らの手にするのだ!」

彼らは人々の精神エネルギー『属性力』を糧に生きる異世界人だった。
トゥアールから、強力なツインテール属性で起動する空想装甲『テイルギア』を託された総二は、幼女のツインテール戦士・テイルレッドに変身!
この日から、テイルレッドと変態たちとの常軌を逸した戦いが始まった!
第6回小学館ライトノベル大賞審査員賞受賞作。


感想
評判がいい作品ではあったが、自分が特別ツインテール属性持ちではなかったこと、若干TS要素が入っていたことなどから回避していた作品。
しかし回避していたことを後悔させるほどに切れ味抜群なギャグコメディであった。

まずツインテールが世界を滅ぼすエネルギー源になるという発想がおかしい。
そして登場するキャラクターは敵味方主人公問わずおかしい。
そして気持ち悪さをストレートに出している時点でおかしい。
こんなにおかしい作品なのにすっごく笑える。

なによりギャグコメディとして見ていて爽快なのはヒロイン同士のどつきあい。
別にヒロインが殴られるのが爽快なのではなく、ヒロインがバカやりながらお互いしのぎを削っている姿がギャグとしてもラブコメとしても面白く、映える。
普通の作品なら主人公に言いよる女の子がいたら主人公が殴られるのだが、そういう理不尽さがないというのが非常にプラスに働いている。

そして、こんなギャグに思いっきり振れた作品なのに、ヒロインであるトゥアールの設定がきっちりしている。
ギャグ要素でしかないはずの彼女の設定が明らかになってからのストーリーの盛り上がりは異常。
こういうバックボーンがあるからこんなギャグが繰り出せるんだなあと振り返ることになるだろう。

中盤は息切れしたのか中だるみしたが、最初の出落ちクラスのネタからここまで盛り上げるというのは素晴らしい。
今後もネタ切れが付きまとう作品であろうが、ぜひとも購入してみたいものだ。


評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆★ 9.5
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。