スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子には誰にも言えない秘密があるんです! レビュー

女子には誰にも言えない秘密があるんです!/山本充実

女子には誰にも言えない秘密があるんです!/山本充実


講談社ラノベ文庫より11月の新刊「女子には誰にも言えない秘密があるんです!」のレビューです。

基本情報
女子には誰にも言えない秘密があるんです!
作者 山本充実
イラスト かわいまりあ
ジャンル 学園、ドタバタラブコメ


あらすじ
容姿端麗、スタイル抜群、文武両道の完璧お嬢様―清流院タルト。
それに引き替え俺は、顔も成績も運動も平均的な―まあ要するにただの平凡な男だ。
だがある日の放課後、俺はふとしたきっかけで、タルトの秘密を知ってしまう。
本当の彼女は、学校でのイメージとは正反対の、格闘技好きな(かつ、パッド入りの偽乳の)ちょっと変わった女の子だったのだ!
そして、普通になりたいタルトと、脱平凡を目指す俺は、パートナーとして一緒にがんばることになる。
手始めは、タルトいわく本物のお嬢様である、タルトの双子の姉・シュクレの生活スタイルの調査。
だが、彼女は彼女で、とある秘密を抱えていて…!?
第2回講談社ラノベチャレンジカップ新人賞“大賞”受賞の学園秘密ラブコメ開幕!


評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆★ 7.5
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆ 7
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆★ 7.5
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆ 7



感想
講談社ラノベチャレンジカップ対象受賞作品。
何の変哲もない主人公が、美少女姉妹の秘密を知ってしまう秘密握っちゃった系の学園ドタバタラブコメ。

新人作家には言い方が厳しいかもしれないが、ちょっとこの作品は普通レベルに達しているとは到底言えない。
秘密握っちゃった系作品の一番おいしいところ、描いてほしいシーンというのは主人公が日常から非日常へ切り替わる瞬間。
つまり女の子の秘密を知っちゃった、もしくは女の子に秘密を握られちゃったまさにそのシーン。
そこにたどり着くまでに主人公がいかに平凡であるかを描写し、恥ずかしい秘密の共有が起きることで日常の何気ないシーンが「いつ秘密がバレるかわからないドキドキ」に変わっていく、その転換。
それがこの作品ではキャラクターのバックボーンも薄く、始まってたったの30ページで秘密の共有まで終わってしまうから読者心理として全然盛りあがれない。
しかも秘密の内容もぶっちゃけその程度?レベルのもので、話が狭い世界で完結してしまっているパターン。
もう一人のヒロイン(姉)のほうは変態であるという秘密を暴露するが、その暴露シーンも物語の流れとして正直かなーり怪しい。
もっとヒロインの羞恥心を煽りながら、隠喩していって最後にデーンと暴露すればいいのに、いきなり「あなたも変態なんですね、私は変態です」では面白みに欠ける。

その後のあらゆるイベントも全体的に描写不足で、駆け足でイベントをこなしているだけにしか見えない。
ドタバタラブコメはイベントをこなすだけじゃダメなのよ。
ワンシーンをもっと味わい深く、ネタとネタの相互作用で爆笑をもたらすようでないとダメ。
場面転換が多く、しかも場面ごとのキャラクターが非常にブレているため、キャラ的魅力もあまり感じ取れなかった。
一部でエロくていいという感想も見受けられるが、ぶっちゃけこの程度のエロシーンは今のラノベではありきたりなのでそっち方面で突き抜けているかと言えばそうでもなく、メインシナリオもいいところがなかった。
このレベルの作品が大賞を受賞してしまうチャレンジカップのレベルそのものを疑ってしまう。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。