スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百錬の覇王と誓約の戦乙女 2 感想

百錬の覇王と聖約の戦乙女(ヴァルキュリア) 2/鷹山誠一

百錬の覇王と聖約の戦乙女(ヴァルキュリア) 2/鷹山誠一


HJ文庫より「百錬の覇王と誓約の戦乙女 2」の感想です。

基本情報
百錬の覇王と誓約の戦乙女
作者 鷹山誠一
イラスト ゆきさん
ジャンル ファンタジー、戦記モノ


あらすじ
《蹄》の宗主ユングヴィを打ち破ったことで大陸中に衝撃を与えた勇斗。
リネーアから結婚の申し込みをされるが、現代に残してきた美月を想い困惑を隠せない。
そんな折、《雷》の若き宗主"虎心王"ステインソールが祝勝式典に突如現れ、勇斗と一触即発の状況に。
再び戦の気配が迫る中、弟国《爪》の双子の姫君まで妻にしてくれと押しかけてきて……!?


感想
異世界に飛ばされた主人公がオーバーテクノロジーで戦乱を生き抜く戦記物ファンタジーの2巻。
1巻では苦言を呈しながらも作品としての魅力の片りんは見せていたこの作品。
読みづらさの原因となっていた傍点の多さと主人公の自嘲癖、この2点が改善されたことで非常に読みやすくなっており、作品への没入感がより大きくなった。
前作「オレと彼女の絶対領域(☆10+)」でもそうだが、鷹山先生は読者が指摘した悪い点をしっかり反映し、良い作品へと改善していけるところが素晴らしい。
プロがネットを利用することは炎上というリスクを避けられないが、使い方を間違えなければこのようなメリットがあるといういい例だろう。

今回の内容は前回破った国の女の子から求婚され、さらに別の双子姉妹からも求婚され、一方では特殊能力を二つ持つ戦闘狂との一戦がはじまるというものである。
1巻に登場した二人のキャラが個人的に微妙であったことからもこのキャラ追加は非常にうれしい。
なにより前作でも見せてくれた恋のバトル、やきもき感を今回も遺憾なく発揮しており、ラブコメとして読んでいても面白い。
そして登場人物の心理を破綻することなく描いてくれるからキャラに厚みが感じられる。
「誰誰はAだと思った、だからこうした」このつながりをきっちり書ける作者は結構少ない。
主人公もちゃんと言うべき場面で言えるというのも大きいだろう。
前作でトラウマ(心理的外傷)というテーマをストーリーにきっちり落とし込んだ作者の手腕がここでも発揮されている。

戦記モノとしては今までオーバーテクノロジーで大楽勝を続けてきた主人公が、異能持ちの圧倒的なパワーに苦戦するという、ある意味王道的な展開。
策を練ってもバカみたいなパワーで押し切られるという展開、それでも知恵を絞り最後には勝つという展開はありきたりだが熱い。
主人公と敵キャラだけでなく、その周りの兵の対比も描けているのが世界観形成という面で非常に機能している。
敵キャラもただの嫌なやつではなく、絶対的なエースだからこそ覇道を行く様子がきっちり描けている。
その他登場する男キャラも魅力であり、いい男キャラを描ける作品にハズレはないの法則からみても今後の期待が高まる。
次の巻はどうやら過去編なので、主人公が異世界へ来てからのし上がっていく様子が描写されるのだろう。首を長くして待っている。



評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆ 8
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆★ 7.5
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。