スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変態王子と笑わない猫。 7 感想

変態王子と笑わない猫。 7

変態王子と笑わない猫。 7


MF文庫Jより「変態王子と笑わない猫。 7」の感想です。

基本情報
変態王子と笑わない猫。
作者 さがら総
イラスト カントク
ジャンル 学園、ドタバタラブコメ


あらすじ
あの怒濤の修学旅行から二週間。
みんなお待ちかね、クリスマスとお正月の季節だよ!
小豆家によるテディベア残酷パーティーにお呼ばれしてみたり、筒隠姉妹との初詣で大食い屋台→酔っ払いコンボにチャレンジしてみたり、ついでにあの娘とあの娘のお父さまにご挨拶してみたり!
着々と包囲網が狭められている今日この頃、月子ちゃんはなにかを決意するようにほわほわ踊っている。
そしてついに始まる謎の戦い―

「そっちこそ、ぶ、ブタのくせに!」
「…そうです。所詮わたしはブタさんです」

大人気爽やか系変態ラブコメ第7弾、わんにゃん戦争・危機一髪!?


感想
爽やか変態と無表情少女が繰り広げるドタバタラブコメの7巻。
刊行ペースはかなり落ちているため前の巻でどんなことをやっていたのか思い出すのに苦労する。
しかしそんな苦労は物語冒頭の3行を読むだけで吹っ飛ばされてしまう。
これだけで「あ、変猫が帰ってきたんだ」と思ってしまい、思わず吹いてしまう。
これはもはや天賦の才だろう。この文章表現は凡百のラノベでは絶対に真似ができない。

ストーリーのほうは嵐のような修学旅行が終わり、クリスマス、正月、センター試験と冬の風物詩イベントが盛りだくさん。
ただし修学旅行の件で陽人と月子の関係性に亀裂が入ってしまい、小豆家両親とともにクリスマスを過ごしたり正月、センター試験は鋼鉄の王とのイベントだったりと月子スキーにはちょっと残念な回。
だがこの作品のすばらしいところは一人のキャラだけが可愛いのではなく、みんなが可愛いところ。
ていうか今回はあずにゃん大勝利ですわ。あずにゃんぺろぺろ。
そしてイラストも非常にGJ。挿絵のクオリティは相変わらずの最高レベルで、今回はエミの(検閲により削除)なシーンもバッチリ。

物語も着地点を探り始めたようで、陽人の八方美人なところが後に大きな遺恨を残すという忠告を残して笑わない猫は消えていく。
確かにハーレム野郎陽人は今の状態を今後も続けていくことはほぼ不可能でしょうね。
ですが、最近「月子の失った表情を戻す」という当初の目的を忘れてませんか?
まあ表情が戻ったら月子と一緒にいる理由がなくなってしまうので月子としてもすぐにというわけにはいかないでしょうが…。
あと、月子と梓ってあんなに仲悪かったっけ?表面上では仲がよかったという感じの描写だったけどこの二人は普通に仲がいいと思っていたので今回のストーリー展開にはちょっとびっくり。
まあ今後は恋のライバルとして真正面からしのぎを削っていくことになるだろう。


評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10

.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。