スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渡る世間はバカばかり 感想

渡る世間はバカばかり 1/丸美甘

渡る世間はバカばかり 1/丸美甘


ガンガンコミックスJOKERより「渡る世間はバカばかり」の感想です。

基本情報
渡る世間はバカばかり
作者 丸美甘
ジャンル 学園、ドタバタラブコメ
既刊1巻続刊


あらすじ
バカと天才は紙一重といいますが…。

「生徒会のヲタのしみ。」の丸美甘の新作!
「勉強バカ」・「運動バカ」・「マジバカ!?」な女の子達と自称優等生の主人公・渡部がおくる、バカと天才は紙一重な学園ラブコメ!!


感想
「生徒会のヲタのしみ。(☆10+)」の丸美甘先生の新シリーズ。
今回は設定からオタネタは封印されているが、ノリは完全に前作と同じ。
主人公が秀、ヒロインが勉強バカな会長、バカな夏目さん、運動バカな康になったような雰囲気。
基本みんなバカなドタバタ系なのに、突然シュールな雰囲気を醸し出すのもこの作者の特徴かな。
あと、頭身が下がったときのキャラが可愛い(小並感)
生徒会のヲタのしみで爆笑できた人ならまず読んで損しない1冊。
2巻で完結することが予告されちゃってるのが寂しい。


評価
.キャラクタ:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
  イラスト:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
.ストーリー:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
.ドタバタ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 9
..総合評価:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆★ 8.5
スポンサーサイト

テーマ : マンガ - ジャンル : 本・雑誌

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。